【デートにどう?】最新鋭の設備を備える「109シネマズ 大阪エキスポシティ」に行った感想

LINEで送る
Pocket

DSC_0241

先日、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を観るために、109シネマズ大阪エキスポシティに行ってまいりました。最近(2015年)にできたばかりとあって、最新鋭の設備を備え、非常に魅力的でしたのでご紹介いたします。

そんな109シネマズ大阪エキスポシティはデートに使える?使えない?

batman-v-superman-dawn-of-justice_bb788b6f
【レビュー・評価】映画『バットマン vs スーパーマン』の感想と見どころ、そこから学ぶ恋愛学とは

 

109シネマズ大阪エキスポシティは入った瞬間から凄い!

DSC_0244

映画館に入った瞬間、ソフトバンクのロボットPepper(ペッパー)がご案内してくれます。しかも、場内には2台のペッパーがいらっしゃいました。

さすが最近完成したとあって、最新の技術が導入されています。

 

映画館の設備は当然凄い!

次世代IMAX - IMAX WITH LASER:109シネマズ

“IMAXデジタルシアター”とは
映画を構成する「映像」「音響」「空間」「3D」「作品」という5つの要素を、IMAX社の独自の最新テクノロジーで最高水準まで高めた次世代のプレミアムシアター。シアター全体がIMAX仕様にカスタマイズされており、高品質デジタル映像と大迫力サラウンドシステム、床から天井、左右の壁いっぱいに広がるスクリーンにより、まるで映画の中にいるようなリアルな臨場感を体感できます。

このIMAXシステムはどこの映画館にでもあるわけではなく、私が住んでいる兵庫県にはありません。そのため、IMAXを求め、109シネマズ大阪エキスポシティに足を運んだのですが、こちらのIMAXはさらにレベルが高い最新鋭の「次世代レーザーシステム」となっております。

圧巻のスクリーンサイズに映し出される映像はもう堪りません。ただ、何もかもを上映するわけではなく、主に話題作がこのIMAXスクリーンで上映されます。

ちなみに、お値段は通常料金より高めに設定されており、その分、一層特別感を味わうことができます。

もっと詳しくお知りになりたい方は公式ページをご覧ください。
http://109cinemas.net/imax/imax-with-laser.html

 

さすが!映画館らしい置物がありました

DSC_0246
もの凄く逆光ですが、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の像があったので撮影してみました。

DSC_0243
大きな垂れ幕もありました。こういうのを見ると、「あぁ、映画館に来たんだな」って感じられます。(特に見なくても映画館には来てるんですけど)

 

人が多いのが難点

DSC_0242
DSC_0248
エキスポシティは109シネマズのみではなく、いろんな設備があります。それゆえ、人が多いのが難点。

 

DSC_0246 
先ほどお見せしたこの写真は、映画の上映前の朝9時半ごろに撮影したのですが、窓の外は人が全然いません。しかし、お昼の時間帯になれば…
DSC_0247 
こんなに人がいます。(ちなみに日曜日)

商業施設なので、客がいないと商売にならないのはわかるのですが、人の多さに圧倒され、存分に楽しめない場合もあり得そうです。

どんな施設があるか気になる方はこちらの公式ページをご覧ください。
http://www.expocity-mf.com/

 

デートスポットとして使える?使えない?

人の多さを我慢できるのであれば、デートに利用するのはありだと考えます。ただし、食事などは待ち時間が発生する可能性が高いので、待ち時間を気にしない関係になってから行くのが無難です。

例えば、沈黙が気になるとか、無理に会話をするような、まだ駆け出しの関係であれば、あれもこれもしようとはせず、「映画を見るだけ」「買い物をするだけ」など何か単一の目的にした方がいいでしょう。

余談ですが、「最新鋭のハイテクな映画が観れる」と言って、IMAXを観にデートに誘うのはひとつのテクニックです。

 

最後に

今回、私は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を観るためだけに大阪エキスポシティに足を運びました。それでも疲れたというのが正直な感想です。

デートで利用するのであれば、しっかり体力を蓄えて、存分に楽しんでくださいね。でないと、せっかくのデートがガス欠で終わってしまいます。

それでは嬉しいご報告や疑問・質問をお待ちしています。もしかしたら、今度、大阪エキスポシティでお会いするかもしれませんね。では!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る