劣等感を拭い去れ!合コンでブサイクがイケメンよりもモテる方法

LINEで送る
Pocket

突然ですが、イケメンは見た瞬間に魅力が伝わるので初対面に強いという特性があります。ただし、だからといってイケメンではない、ここではあえてブサイクと呼ぶことにしますが、ブサイクが合コンで出会った女を落とせないというわけではないので安心してください。

仮に第一印象でイケメンに負けていても気に入った女を落とすことが可能です。それが言えるのも私自身がイケメンではないからです。そんなイケメンではない私が女性を虜にできた理由をここではお伝えします。

 

ポイントはイケメンの魅力とブサイクのギャップ

私の経験上、初対面で好意が高い状態よりはるかに簡単に落とせると考えています。

確かに現実的に、合コンではイケメンに女性は興味を惹かれます。その第一印象で、もう全てが決まってしまったかのように考えてしまいがちですが、実は違います。

例えば表面上、女性がイケメンに食いついているように見えても、すぐにその男に付いて行く女は実は非常に稀であるという事実があります。女性は大人です。幼少期から同世代の男よりも精神的に勝っているのが女性です。ですので、そういう女性たちは男が考えているよりも数倍鋭く男を見ています。

もちろんイケメンというポイントは非常に魅力になり得ますが、一方でイケメンという魅力は実は非常にモロいことをご存知でしょうか。意外に思われるかもしれませんがこれは事実です。

その証拠に「イケメンだけど気遣いができない」「イケメンだけど話が下手」「イケメンだけど頭悪そう」などのように、イケメンはマイナス点がひとつでもあると、その魅力は突然急降下していきます。そんな、いとも簡単に彼氏候補から除外されるという厳しい現実が待っているのです。

逆に上記のパターンを逆さまにした場合、「ブサイクだけど。。。自信がある、気遣いができる、会話が上手い、頭の回転が早い」など、ブサイク要素との掛け合わせで強烈な魅力を作り出すことができます。ブサイクはブサイクであるだけで恋愛における最強要素ともいえるギャップがそのまま演出できるのです。

簡単に言えば優しいヤンキーですね。もっとわかりやすく言えば優しいジャイアンですね。この事実だけでイケメンに勝ち目があるように感じられるかと思います。

それではこの魅力をもっと効果的に女性に見せていく裏技を以下、解説していきます。

 

ブサイクのギャップは合コン中には伝えきれない!

基本的にこのようなギャップはそれを魅力として与えるまでにある程度まとまった時間が必要であるということは念頭に置いておくようお願いします。

したがって合コン自体は合コンが終わった後、次に会うために連絡先をゲットしておく、という認識で構いません。連絡先をゲットして合コンが終わってからが本番です。

ここで注意点ですが、合コン直後は何度もいいますがまだ魅力が伝わっていない段階です。この段階で好きという気持ちを伝えても、かなりの確率で失敗しますのでご注意ください。その理由はシンプルでその男の魅力を知らずには女は好きにならないからです。確かに好きという気持ちを伝えて好意が芽生えたという例も全くないわけではありませんが、これはある程度魅力が伝わっている段階での話です。

したがってターゲットの女性に近づいても気持ちを悟られないことが重要になってきます。下心がバレた時点でアウトだと思ってください。

ですので、まずは連絡先を交換し、自分を認識してもらう程度に考えましょう。

 

下心がバレない近づき方

まだお互いがあまり知らない段階で使える近づき方は「他に好きな女がいる」という設定です。

メールしたりアクションをかけているが、どうしても振り向いてくれないだから女として何かアドバイスくれないか、という切り口で接触を図ります。これですと女に気持ちを悟られる心配もなく相談するためのメールや電話は何の不自然さもなくなります。これを定期的に繰り返していきます。

 

親近感を沸かせる唯一の方法

いくら気持ちを悟られないといっても、会話が弾まず、自身に興味が全くないと女性が思ってしまっては徐々に距離を置いていきます。

ですのでやはり会話のテクニックは必要になってきます。よく会話テクニックというと「何を話題にするか」「女性の話を親身に聞く」といったことにフォーカスしがちですが、これは樹木でいうところの枝葉にすぎません。もっと大切なものそれは基本、つまり根っこの部分です。

では会話の根っことは何なのかというと、「一緒にいてラクと思わせることができる」という安心感です。ラクといっても、イイ人のように空気のような存在になれと言っているのではありません。女性が、話しやすいと感じる、素の自分を出せる、こういったことを意味します。

話しやすい人であれば極端に変な話題を除いて、ただ一緒に会話しているだけで楽しくなります。素の自分を出せる人と話せれば安心しながら笑顔で会話できます。つまり女性に好かれようと思ったら、まずこういう部分を目指す必要があります。

そして話しやすい男になるために必要なのは自分をオープンにし、笑うことです。自分は何が好きで何が嫌いで今までどんなドジをしてきて、、などととにかく自分を見せていきます。自分を見せることで女もオープンになりやすい、という土壌を作ることができます。

さらに笑いです。自分がボケたり女をイジったり笑いを会話の中にある程度の頻度を持って入れていきます。こうすることによりリラックスして話せる空間を作り出すことができます。リラックスした男女の環境こそが親近感を生み出すのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。今回の内容を理解し、実践していただければ、たとえイケメンでなくても女性と関係が持てるようになります。そのためにはまずは行動です。合コンなど人が集まる場所でぜひ取り組んでみてください。

そして、モテないという劣等感を拭い去ってください。自分に自信を持つことで、それが表面に、そして行動に表れてきます。それではアナタからの嬉しいご報告をお待ちしています。

 

合コンに誘われない・気ままに合コンに行きたいときの最終手段

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る