【悪用厳禁】覚えておきたい、クラブナンパ必勝法

LINEで送る
Pocket

突然ですが、「クラブナンパはハードルが低い」。この事実を知っていますか?ナンパにもいろいろありますが、路上で行うストリートナンパよりも、クラブナンパの方がよっぽど簡単です。

その理由は、女性がナンパされることを前提で来ているからです。女子会をするつもりでクラブに来る人なんていません。いい人がいたら仲良くなってもいいかな♪という前向きな気持ちでいる人が多いので、実はチャンスに溢れています。

ただし、何の知識もなしで行くのと、テクニックを知って行くのでは雲泥の差です。せっかく行くなら女性を落としたいですよね?

そこで今回は、クラブナンパのテクニックをご紹介します。

クラブは爆音に暗闇。アドレナリンが出まくりの非日常空間です。そんな非日常空間で恋を成功させてみませんか?

 

クラブにも種類がある

出会いの場所としてクラブがあるのは先にもご紹介しましたが、そこには当然、ナンパ目的の狼男が集まりますので、強豪ひしめく場所で戦わなくてはいけません。

反対に女性はその中から一夜にして何人もの男から声を掛けられます。その中で女性と仲良くなるためには場所を選ぶ必要があります。

私のオススメするのはオールジャンルの曲を流してるクラブです。ヒップホップ、ジャズ、レゲエ、テクノなど、たくさんのジャンルのクラブがあります。しかしながら、固定ジャンルだと、目当てのDJがいたりなど、その曲や踊り目的の女性が多いです。アナタが好きなジャンルがあって、そこで盛り上がれるのであればいいのですが、特に無い場合はオールジャンルのクラブでナンパしましょう。

 

独占!クラブナンパ必勝法

いよいよお待ちかね、“クラブで高確率でヒットするナンパ方法”を伝授いたします。この4ステップに従って進めてください。

ステップ1:周りを良く見る
クラブに行ったら、当日に何人もの女性に声を掛けてはいけません。なぜなら、ほとんどの女性が友達数人でクラブに来ています。一人で来る場合は大抵が彼氏持ちで一緒に来ています。

そんな中、手当たり次第、女性に声を掛けていると、「さっきナンパしてきた男がもう次の女に声掛けてるよ! バカじゃない。」なんて言われかねません。友達同士ですぐに広まってしまいます。

そうなってしまうとナンパどころではありません。まずは環境作りに努めましょう。

 

ステップ2:座ってる女性を狙う
なぜ座ってる女性を狙った方が良いのかというと、その女性は自分の好きな曲が流れていないので、少し退屈しているか、もしくは休憩してる場合が多いです。

声を掛けるなら、そういったタイミングです。踊ってる場合だと、やはり踊りに集中して会話をしてくれないですし、音がうるさくて何を言ってるのか聞き取りにくいです。

こういった理由から“余裕のある”女性を狙うのがミソというわけです。

 

ステップ3:友達にも声を掛ける
先にお話ししたとおり、一人で来ている可能性は低く、大抵が友達連れで来ています。ですので、声を掛ける時は目当ての女性だけでなく、その友達とも会話をするように心掛けてください。ここでロックオンしていると悟られてしまうと、避けられてしまう可能性もありますし、やはり友達をないがしろにするのもよろしくはないです。

結果的に、目当ての女性の友達を味方に付ける方がうまくいくことが多いですし、そもそもアナタが誠実な対応をする男性だと見られてメリットはそちらの方が多いです。

 

ステップ4:ガツガツしないで余裕を持て
クラブで目立つにはどうすれば良いか今一度考えてみてください。それは紳士的に振る舞うことです。

クラブではガツガツした狼男が多いです。だからこそ逆の道を行けば、確実に女性の目を惹きます。また、ガツガツせず、じっくりいったほうがうまくいく可能性も高いです。

電話番号やLINE等の連絡先をゲットする目的が達成できたら、それ以上進まないで次回に繋げるように心掛けてください。焦るべからず、じっくりいきましょう。

 

最後に

「一夜限り」を目的にしているのであれば、その日の内に決めに行っても結構です。

しかしながら、正直、それは【もったいない出会い】だと私は考えます。せっかくチャンスを得たのですから、長続きするような出会いのきっかけにしたいものです。

「連絡先をゲットした。じゃあ、次は?」となったら、ぜひ当ブログの他の記事も覗いてみてください。きっとうまくいくヒントが隅々に隠れています。

それでは嬉しいご報告をお待ちしています。

 

おまけ:クリスマスの時期だけ通じる禁断のテクを使ってみましょう

christmas2
【必見】クリスマス直前でも彼女を作る方法【パーティ編】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る