【成功率90%超】女心を打ち抜くデートの誘い方 3つのポイント

LINEで送る
Pocket

cheapest-and-most-expensive-cities-to-go-on-a-date-2

私自身の認識として、「デート=付き合ってからのもの」と思っていましたが、どうやら世間の〈デート〉は違うようで、付き合っていない好きな女性を誘う食事も〈デート〉と呼ぶみたいです。

となったときに、「付き合っている」と「付き合っていない」ではアプローチがまったく違ってきます。なぜなら、心の開き方、つまり警戒心のレベルが違うからです。

そこで今回は、世間一般で言うところの「付き合っていない段階での〈デート〉の誘い方」で使える3つのポイント・テクニックをご紹介します。

 

1:Never Give Up!

いきなり精神論のお話から入りますが、女性をデートに誘う上で大事なことは「諦めない」ことです。ほとんどの女性は、まだ一度もデートをしたことのない男性から誘われても一発ではOKの返事はしません。

それは不安だからです。例え男同士であったとしても、あまり馴染みがない人と遊ぶのはあまり気が進まないですよね。それと同じです。自分にとっても相手にとっても、苦痛な時間になってしまうのではないかと気を使うためです。やはり気を使っていると疲れますし、それなら行かない方がいいかな、と判断して断るケースが多いです。

また、一発でOKが出ない理由として、「恥ずかしい」と思うから、と女性に聞きました。誘われて嬉しい気持ちはあるのですが、すぐにOKの返事を出すと「遊びなれている女」「尻軽女」と思われるのではないかと考えるそうです。

そういった理由から、一回の誘いでダメでも諦めてしまってはいけません。一度や二度の断りで怖気づいてしまっては、女性はアナタのことを「頼りない人」と思ったり、「本気じゃない」と誤解したりします。そうやって諦めずに、二度、三度と誘いをかけた結果、「少しくらいなら、応じてもいいかな」「私のこと本気なんだ」と感じて、デートに応じてくれます。

諦めなかった結果はこちらの記事で書いていますので、よかったらご覧ください(私の実体験です)。女性の行動には動機が必要なので、それを与えてあげましょう。

【思い出話】諦めないって恋愛では意外と大事なのかもしれない

 

2:堂々と誘う

女性をデートに誘うとき、まずは堂々としましょう。おどおどしたり、しどろもどろでは女性からは頼りない人という風に見られてしまいます。

実は女性から誘うというケースは少ないです。その理由は「恥ずかしい」「誘う勇気がない」等々心理的な障壁があるようですが、そもそも「女性は誘われるもの」と考えているケースも多く、男性側が誘わなくてはいけない暗黙の認識があるようです。

つまり女性はそういう気持ちがないから誘わないわけではなく、そういう気持ちがあっても、誘われるのを待っていて誘わないということです。知り合いの女性陣によれば、誘われたら大半の場合は嬉しく感じるそうです。

だからこそ、男性が女性の誘いを待っていては事態は進展しません。「オレからは、誘えないよぉ」なんて思う男性は、誘うことを「恥かしい」とか「負け」とか思い過ぎるんじゃないでしょうか。

でも、そういうのは「戦略」としてのツメが甘いというよりも、断られることへの「保険」をかけ過ぎているように思えます。女性は堂々と誘ってほしいんです。自分への好意を表してアプローチしてもらいたい生き物です(女性談)。

「今度、○○に行きましょう。おいしくて、楽しいデートを約束しますから。来週か再来週だといつがいいですか?」

これくらい強気で大丈夫です。楽しませる自信がないのに誘っても、今後が苦労するだけですからね。またこれには、マーケティング手法でよく使われる交渉術が含まれており、約束の機会を限定して提示することで、「食事には行く」という選択が無意識に強くなります。OKをもらいやすくする1つののテクニックですね。

 

3:一発目からお泊りデートに誘う

こちらもマーケティング手法でよく使われる手法ですが、別に「いきなりのお泊りデート」を狙っているわけではありません。むしろこれで釣れてしまったら、その女性を疑うべきです。逆に何か仕掛けてくるでしょう。

この方法ははじめに大きな要求をし、その後に本当に通したい要求をすることで、本来の要求を通しやすくするテクニックです。この強弱をつけるテクニックを「コントラストの原理」と呼びます。

例えば、

アナタ:「ねぇ、今週末は泊りがけで温泉に行こうよ」
女性:「そんな行くわけないでしょ!」
アナタ:「じゃあ、近くで美味しいところを見つけたから、次の金曜日に行こうよ」
女性:「そのくらいなら大丈夫だけど」

というのが綺麗な流れですね。はじめからはうまくいかないとは思いますが、やっていく内にコツがわかってきて成功率は高くなっていきます。

また、ここでは、「~に行きませんか?」という弱々しい誘い方ではなく、「~へ行こう」という強気で誘うこともポイントです。上の〈堂々と誘う〉ですね。

 

最後に

ひとつひとつのテクニックでも効果ありです。しかしながら、それぞれが折り重なると、その効果はさらに強力になります。ぜひテクニックを駆使して、コンボ攻撃を決めてください。

また、下心ありありで誘い込むテクニックもありはしますが、あくまでも今回ご紹介したのは先を見据えたテクニックです。ワンナイトラブもいいですが、もっと腰を据えた恋愛をしてみませんか?

それでは嬉しいご報告をお待ちしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で恋愛語ルシス@公式をフォローしよう!

この記事の著者

Kingsman自信と幸せを与える【恋愛&ビジネス成就コンサルタント】

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る