【失敗しない!】初デートに使うお店選びのコツと3つのポイント

LINEで送る
Pocket

1668322-5616x3744-dinner

ここまでデートに関して、いくつかポイントをご紹介してきました。

これらの記事を読めば、準備はだいたい完了ですので、今回は「お店選び」についてお話していきます。行楽施設へのデートもいいですが、射止めに行くにはやはり食事、それもディナーです。でも、よくわからずに選んでしまうと、失敗しかねません。そんなリスクを回避するポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にされてください。

 

1:初デートなら行きつけの店を選ぶ

「何回目のデートか」で選ぶべきお店というのは変わってきます。初デートの際には行きつけの店を選ぶこと。理由は簡単で、雑誌やネットを見て、行き慣れていないお店に入っても、きっとアナタは知らない場所ということで、あがってしまうと思います。また、雑誌やネットに書いてあるものが、実際に美味しいか、思った通りの美味しさかどうかはわかりません。

そういった負の要素が重なって、会話が減っていき、せっかくのデートでアナタが頼りなく映ってしまいかねません。

一方で、行きつけのお店を選べば、そのお店を知っているわけですから、自信を持って紹介できますし、その自信のある姿は頼もしく見えることでしょう。またお店によっては、そのお店の人に「デート用に使いたいのだけれど」といったリクエストができるかもしれません。

以上のように安心してその雰囲気や料理を楽しめるのは行きつけのお店ならではでしょう。期待と不安でいっぱいの初デートであれば、行きつけのお店をチョイスしましょう。

 

2:コース料理を選ぶ

あくまでも私が成功してきた例をご紹介しますが、私はデートでは「コース料理」を選択してきました。単品料理は頼んだことはありません。これは変なこだわりではなく、確固たる理由があります。

1つ目の理由は、「選ぶ楽しみは初デートではあり得ない」です。会話しながら料理を選ぶのも楽しみの一つだ、なんて言ったりする人もいますが、それは実際にデートをしたことがない人でしょう。そんな初デートの緊張している状態で、料理を選ぶ余裕があるかって話です。

そういうことができるのは、ある程度回数を重ねた場合のデートであって、初回からその雰囲気を作れるのは余程仲の良いカップルです。

2つ目の理由は、「金銭的に気を使わなくていい」からです。単品で頼むのであれば、料理を頼む際に金額を気にしてしまいます。もしかしたら安いのばかり頼んでしまうと、卑下に見られてしまうかもしれません。受け取り方は人それぞれですので可能性はゼロではないです。それに金銭を気にしながら料理を注文する姿ほど頼りないものはありません。

また会計を行う際に、単品料理だとややこしいです。自分が食べた額、相手が食べた分をどう処理するかです。割り勘にするのか、多めに払うのか、むしろ多めに払ってもらうのか。コース料理なら割りやすいですし、全額払っても決まった額なので払えないことはありません。

3つ目の理由は、「コースだから」です。コースだから前菜から入ってメインへ行き、最後はデザートという綺麗な流れが形成されています。料理の構成にイチイチ気を使う必要がないのです。また大体のコースには時間制限があり、いい意味で長居しすぎることがありません。どのタイミングで店を出るべきかというのを気にすることなく、時間が来たから退出、これで大丈夫です。個人的にデートでは長く一緒にいたい気持ちがありますが、初デートに関しては早く終わって欲しい思いがあります。ボロが出る前に、といったところです。

 

3:必ず予約をする

上記のコース料理を注文するのであれば、おそらく予約が必須なのですが、そうでなくても予約をしておくに越したことはありません。行こうと思っていた店が閉まっていた、せっかく行ったけれど席がなかった、もう良い未来が全く描けません。冒険の初めから借金を抱えて、ダメージを負っている勇者のごとくです。

こうなるのを避けるために私は毎回予約をしてお店に向かっていますし、アナタにもこの方法を強くオススメします。ちなみにですが、私はホットペッパーを利用してWeb上から予約しています。

ホットペッパーはコチラから予約が出来ます

◆ホットペッパーの利用手順

  1. 会員登録する(予約でポイントが貯まったり、お得に利用できたりとメリットが多いので、先の登録をオススメします)
  2. アナタのセンスでお店を探す
  3. デートの日時を決めて、Web上からリクエスト予約をする
  4. 当日~翌日までにお店から連絡がくる
  5. 当日、仲良くご来店
    ホットペッパーはコチラから利用できます

 

最後に

初デートは緊張するものですが、アナタの“紳士らしさ”を見せる機会でもあります。そのためにはしっかりした段取りが必要です。今回、お話しした内容を実践していただければ、女性の心を射止めること間違いなしです。女性をもてなす心を忘れずに。

それでは嬉しいご報告をお待ちしています。

もっと濃いテクニックを学ぶならコチラがオススメです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る