【レビュー】我が家にDEEBOT SLIMがやってきた【ロボット掃除機】

LINEで送る
Pocket

DSC06122

最近はロボット掃除機が増えており、ルンバをはじめ、様々な種類があります。そんなロボット掃除機は共働きの方や一人暮らしの方など、現在の日本の社会情勢を考えればますます伸びていく商品でしょうね。

私自身も、一人暮らし時代にルンバを購入し、引っ越して子供が産まれた今でも現役で使っています。そういう意味で、実は妻よりも長く一緒に暮らしております。そんな4年近く使っているルンバの代わりになるロボット掃除機はないかを探すため、メディアで話題のDEEBOTを試してみることにしました。

 

DEEBOT SLIMを1週間レンタルしてみました

実は「DEEBOT」を販売するエコバックスジャパンでは、ロボット掃除機各種をレンタルすることができます。
公式「エコバックスジャパン」

いきなり購入するのも心配ですし、試せるなら試したいってことで、まずはレンタルして実物を体験することにしました。

DSC06114

DSC06115
レンタルなので箱に少々の傷みがありますが、本体が生き生きしてたらいいので特に気にすることではありません。

DSC06117

DSC06116

DSC06118
箱を開けると、DEEBOTさんが「こんにちは」しております。

 

DEEBOT SLIMといざご対面!

DSC06122

じゃーん!!!

DSC06123
チラっと開けると、ダストボックスが見えます。どれだけ取れたか手軽に確認できるのがイイですね。

DSC06125
背面はこんな感じで、右下には電源ボタンがあります。

DSC06126
基本はONで問題ないと思いますが、長期使わないにときはOFFでいいかもしれませんね。例えば、長期いないときに泥棒並みに荒らされるのを防止するとか。

私の持っているルンバがわりとそんな感じです。なので、電源OFFにできたら、そういう暴走を止められるのに…なんて思っていましたが、こちらにはこんな機能があって驚きでした。

DSC06127

DSC06128
ブラシとモップを装着します。

DSC06129

完成~

 

まずはDEEBOTを充電しよう!

DSC06131
説明書に「初回は12時間ほど充電してください」とあったので、届いて踊りだす嬉しさを抑えつつ、一晩充電したいと思います。

実際、動かそうとボタンを連打したのですが、一切動くことはありませんでした。

 

実はリモコンで操縦が可能!?

DSC06119

DSC06120
このリモコンで操作が可能です。十字ボタンでDEEBOTの移動操縦ができます。(掃除しながら移動操縦という操作はできません)

この操縦で0歳の娘さんを追いかけたら、見事に泣きまして、妻に怒られました。

 

まとめ

掃除好きの私が、今一緒に住んでいるルンバと比較するために、「DEEBOT SLIM」を1週間レンタルしてみました。

第一印象は「マジ、SLIM!」という感想です。本体もさることながら、リモコンまでスリムというのにビックリしました。

まずは充電しないと動かないので、充電してからまた動いた様子をレビューします。それでは次回もお楽しみに。

公式「エコバックスジャパン」でCHECK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る