【比較レビュー】DEEBOT vs ルンバ 実際に使ってみたら良いところ悪いところがありました

LINEで送る
Pocket

DSC06353

ロボット掃除機のDEEBOT SLIMを1週間レンタルしてみました。

使い心地を知るために、我が家におられるルンバとガチンコ比較をしてみます。

 

DEEBOTとルンバの型式

ルンバは「ルンバ595」で、米・アイロボット社から発売されているロボット掃除機・ルンバ500シリーズの一機種になります。ただし、この型番は、日本では未発売で、アメリカで販売されている商品が、並行(非正規)輸入販売されているものになります。

こちらは私が一人暮らしを始めて2012年に購入したもので、4年も使っている代物になります。同居人としては妻よりもお付き合いの長いルンバさんです。

一方で、今回レンタルしましたDEEBOTは「DEEBOT SLIM」で、最近(2016年)登場したものです。後ほど紹介しますが、「SLIM」タイプとあって、確かにルンバよりも高さが低く、狭い隙間にも潜っていけます。

以上が型式のご紹介です。では早速、根ほり葉ほり調べていきましょう!

 

動き出しが違う!

移動スピードを比較しようとして、2台を隣に並べて、「レッツゴー!」と何度も挑戦したんですが、そもそも動きが異なります。

DSC06342

・DEEBOT:猪突猛進で直進していきます。

・ルンバ:くるくる回転しては直進、また回転しては直進を繰り返します。

(動画でお伝えしたいんですが、動画を編集しきっていないので、また別途報告させていただきたく思います。)

ですので、動き方が違うということは、通る軌跡が異なりますので、掃除具合も違ってくると思います。その辺は、どれだけゴミを取ったかで比較できるんですが、不覚にも、ゴミタンクを空にせぬまま比較実験をスタートしてしまったので、今回はなんと比較ができないという失態を犯してしまいました。反省です。

 

DSC06343
窓際を徘徊するDEEBOT

DSC06344
自身の充電ホームを蹴散らし爆走するルンバ

 

それぞれコレだけゴミを取りました!

DEEBOTはこんな感じでダストボックスの状況が見れます。

DSC06201

DSC06346

DSC06349

一方、ルンバはこんな感じ。
DSC06348

両者ともこのままではゴミは捨てれず、掃除機で吸うことで中のゴミを取り除けます。つまり、このロボット掃除機のみでは機能せず、捉えたごみを吸う用の掃除機が別に必要ってことですね。

 

DEEBOTとルンバのサイズ感

両者の大きさについて、比較してみます。

DSC06354
並べてみるとルンバの方が若干大きいような印象を受けます。

DSC06356
重ねてみるとこんな感じ。全くサイズ感がわかりません。若干ルンバが出っ張っているかなってところです。

厚み(高さ)に関しては一目瞭然。

DSC06358
と思ったのですが、そんなに伝わってこない画が撮れました。これではわからないので、実際にものをくぐらせてみると今度こそ一目瞭然。

DSC06359
ルンバでは難しい隙間も、DEEBOTなら入れます。さすがSLIMというだけありますね。

 

DEEBOTがルンバに勝っているところ

・スリムでルンバの入れない隙間まで掃除できるところ
この部分は掃除機も中々手が出しづらいところでGOODです。

・ダストボックスを外さずにゴミのとれ具合を見られるところ
ダストボックスをチラッと見れるので、ゴミを捨てる時期が把握しやすいです。ルンバの場合、「ボックスを外して」という作業が必要になります。

・リモコン操作ができるところ
リモコンで操縦できるので、万が一意図せぬところへ行ってしまった場合には、離れたところから操作できます。ルンバの場合はいちいち迎えに行かなくてはいけません。

・音が静かなところ
ルンバに比べて、掃除音が静かです。私だけでなく、妻も言っていたので、そうなんだと思います。

 

DEEBOTのイマイチなところ

・畳の部屋を掃除できない
今回畳部屋を掃除しましたが、わりと畳のカスがダストボックスに入っていました。ルンバではなかった現象です。そういう意味で、畳を傷つけているのではないかと思います。畳がないなら気にしなくていいところかもしれません。

 

まずはレンタルで試すのがオススメ

どれだけ良いといっても、アナタの家に、アナタの部屋に合うかはわかりません。実際、今回のように「畳の掃除は難しい」というのも試してみて初めてわかりました。

公式サイトではレンタルができますので、いきなり購入するのではなく、まずはレンタルで試してから購入するのをお勧めします。

ECOVACSダイレクト - お試しレンタル

一見、レンタルの値段が高く感じるかもしれませんが、誰かに頼んで掃除してもらうよりは圧倒的に安い価格です。ただし、購入価格は3万円ほどですので、レンタルを2度するようであれば、もう購入した方がお財布には優しいと思います。

 

まとめ

今回、1週間レンタルしていろいろ体験してみました。愛用のルンバと比較しても魅力的な部分が多かったです。そんなに広い家ではありませんので、さすがに同じ部屋に2台もロボット掃除機は必要ないと思い、まだ購入には踏み切っていませんが、今のルンバが壊れた際にはぜひ購入しようと考えています。

もしアナタが1台目のロボット掃除機を購入するのであれば、このDEEBOTはおススメです。ぜひ検討して候補に入れてみてください。

詳しい情報は公式サイトでご覧いただけます

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る