【必読】初デートの前に準備しておきたい3つのポイント

LINEで送る
Pocket

A3F42W

初デートに限らず、これはデート全般に言えることで、「そのデートの良し悪しが今後を左右する」と言っても過言ではありません。そこで押さえておきたい3つのポイントをまとめましたので、じっくりご覧ください。当たり前かもしれませんが、この当たり前を実行できて初めてスタート位置に立てますので、まずはこの当たり前を意識してください。それでは行ってみましょう!

 

1:雑誌の頼りすぎはNG

初デートとなるとやはり緊張するものです。できれば失敗したくないのは誰でも思うこと。こういう思いが強いせいか、雑誌に頼る人が多い。別に雑誌を見てはいけないということではありません。むしろ大いに参考にしてください。

ただ、雑誌に書いてあることを鵜呑みにするのだけはやめましょう。せっかくのデートが薄っぺらいものになります。

 

2:女性の意見をまずは無視

雑誌の頼りすぎはNG、そこで、アナタだけのオリジナルデートコースを用意してください。喜んでいる彼女の顔を思い浮かべながらプランニングしてください。こういう行為を気持ちを気持ち悪がる人がいますが、人を楽しませるのに相手のことを想像せずに臨む方がどうかしています。少なくとも私は楽しませたい気持ちを乗せながら楽しくプランニングしてきましたし、今後も変わらずしていきます。

ここで出てくるのが「彼女の意見も聞かずに勝手には計画を作れない」という考え。この場合、彼女の意見は無視してください。なぜなら、初デートでそういうことを聞いても、相手も気を遣って本音を言ってこない可能性が高いからです。そうなると気を遣い合うデートになり、つまらなく感じてしまいます。

ここは彼女の機嫌をうかがうのではなく、アナタが自信を持って楽しませられる、そんなデートプランにしましょう。だって好かれるためのデートですから、アナタが輝く、得意分野で問題ありません。また、女性は、意見を断られたり、責任をとらされるのを嫌います。ですから、アナタの主体のデートプランで問題ないわけです。

デート中に女性から意見が出たら、それは今後に活かせる〈貴重な声〉ですので、ぜひ参考にしてください。もし余裕があれば、そのときのデートで臨機応変に取り入れてみてもいいかもしれません。意見が出るということは、今後はこうして欲しいということ、裏を返せば「今後がある」ということ。前向きに捉えていきましょう。

 

3:セックスしたけりゃ清潔感を出せ

指はセックスするときの愛撫の最高の小道具です。爪が長く、アカが詰まっていては女性は背筋が凍るような思いをするはずです。セックスする段階まで行かなくても、女性はその辺を本能的に意識しているので、やはりそういった部分に目が行きます。そこでアウトをくらっては、警戒心は解けないままです。

また、フケにも注意しましょう。いくらアナタに合った洋服を選んでも、肩に大量のフケがあっては清潔さを感じません。不潔でいることは女性だけでなく男性からも嫌われます。

爪が長いのはあるとして、爪にアカの詰まった、フケを落とす女性とアナタはセックスしたいですか?そもそもお付き合いしたいですか?つまりそういうことです。

 

捕捉:ファッション関係は専門家に聞くべし

服装・ファッション関係は自分でどうこうするより、素直に洋服屋さんに行って、そこの店員さんに助言をしてもらってください。友達に頼む方も見えますが、その友達のセンスに保障はないですし、ファッションを職にしている専門家に聞くのが無難です。それに万一失敗したとき、その失敗を大事な友達のせいにしたくありませんしね。

「女性と〇〇へ行くのですが、どんなのがいいでしょうか?自分のサイズもよくわかっていないのですが・・・」とこのように店員さんに聞いてみましょう。サイズがわかっている場合はいいのですが、わかっていない場合は巣青に言って採寸してもらいましょう。自分で選ぶと大抵、大きめの服を購入する傾向があります。

 

最後に

「アクシデントさえ楽しめる」のは熟練カップルだけです。あまり気にしない我々夫婦ですら、トラブルがあるとテンションが下がります(行こうと思っていた予約不能な料亭がすごく並んでいたとき、など)。

初デートでのアクシデントは当たり前。それをカバーするのは他でもないアナタのプランニングにかかっています。アクシデントを逆手にとって〈頼れる男〉を最大限に演出してください。そのためにはまずは準備を怠らず。

それでは嬉しいご報告をお待ちしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で恋愛語ルシス@公式をフォローしよう!

この記事の著者

Kingsman自信と幸せを与える【恋愛&ビジネス成就コンサルタント】

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る