【朗報】ネットビジネスコンサルタント養成講座を開講します

LINEで送る
Pocket

Project discussion

ネットビジネスでコンサルをする人を養成するコンテンツって今までにないんじゃないか!と思って、この度、ネットビジネスコンサルタントを育てる講座を開講することにしました。

先にお伝えしておくと、開講はするんですが、募集はしません(ぇ

実は今回、ある方に3万円の価格でオファーしたところ、迷いなく「やります!」と言ってもらえたので、公に知らせる前にまさかの募集終了です。日ごろから私とやり取りをしていると、こんな思い付きのオファーを提案するかもしれないよというお知らせになります。

ただ、これだけではせっかくこのページに来ていただいた意味がないので、こういうことをしようとしたいきさつと、その方の私がオファーしたことに対する気づきに添えていこうと思います。人生をより良いものにしたいよ!ってアナタにはピッタリだと思うのでぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

ネットビジネスコンサルタントの質が低い

インターネットビジネスを始めて、もう今年で8年目です。ここまでくると結構、中身がわかってくるのですが、ハッキリ言って、コンサルの質が低いです。

これは技術的な内容ではなく、教えるのが下手というか、ネットという対面ではない状態でモノを売ることに慣れてしまっているせいか、対人スキルが非常に低く感じます。例えば、クライアントさんが「ブログで月に10万円稼ぎたいです」と言えば、ブログで月に10万円の額を稼ぐための方法は教えてくれますが、稼ぐ行動を起こさせる術を伝えなかったり、そもそも人の動かし方を知らなかったりします。

私が実際に聞いた話では、その決められた作業を達成できていなかった場合、ひどく責められ、結果的に「稼ぐことは良いから、その契約期間が早く終わって欲しい」とまで思うようになり、契約期間を終えた頃にはストレスが減り、ハッピーな気分になったそうです。肩の荷が下りた、ではないですが、そのコンサルティングがストレスになっていたということです。

こういうコンサルタントは誰が見ても長続きはしません。こんな状況ならコンサルタントもクライアントも利益がなくWIN-WINの逆のLOSE-LOSEとでもいえるんじゃないでしょうか。それは勿体ないですよね。

そんな意識からこの業界をもっと良い方向に持っていきたい、そして今の私ならその力を持っている、と感じてこんな取り組みを始めました。

 

コンサルタントも向き不向きがある

名乗ってしまえばコンサルタントの業界ですが、本質的には向き不向きは存在します。たとえ大きく稼いでいたとしても向いていないこともあるでしょうし、反対に稼いでいなくても向いていることだってあります。

その素質があるかないかを見極めて、この人なら活躍してくれそうだ、という人に声をかけていこうと考え、まずは一人目の人物として今回のオファーへ辿り着きました。

私も先日オファーを受けた際に「誰にでもオファーをするわけではない」ということを伝えられています。そのときはただただ認められた感があって嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいでしたが、実際にオファーをかける側になると、その意図や狙いが凄く良くわかります。そういう意味で、立場を変えて考えてみる行為は大変重要なのだと気づきました。

私の想いは、「私が影響力を発揮できる範囲はやはり限られているから、私が届けられない範囲をカバーして、もっと多くの人を幸せにして欲しい」というものです。その気持ちをしっかり受け止めてくれる、そんな期待の塊、信頼の代名詞ともいえる私が選抜したクライアントさんがこちらです!

 

今回のクライアント:佐藤ひよりさんはマジでステキマン

正確には女性なのでステキウーマンですが、あえてお名前を公表してご紹介させていただくと、ひよりさんは私よりもこの業界では大先輩で、大大大活躍されている方です。お互いに稼いでいる金額は明かしていませんが、おそらく私より大きく稼いでいるはずです。

そんな方がなぜ私の元で学ぶ気になったのかを説明し始めると、映画1本かもしくはハリーポッターレベルのシリーズ作になりそうなので、かいつまんでお伝えすると、稼いでいながらも実はモヤモヤしている部分があって、それはビジネスの面であったり、プライベートであったり、その辺の負荷を減らしたい想いがあるようでした。

そういう部分を私も感じていたので、そこをクリアにすれば、まだまだ突き抜けていくな!と考えて、今回のオファーを持ちかけました。そして何より、ひよりさんを選んだ大きな理由があります。それが半端ないアウトプット力です。気づいたら投稿してくださいというお願いに真っ先に応えてくれて、その量と質が半端なく高いのが大きな特徴です。

そして、私の記憶が正しければ3児の母で、家事とか子育てとか、やること盛りだくさんの中でここまでの量をこなしているのを考えると、そのパワフルさはまさに肝っ玉母さんの象徴です。どこをどう見て肝っ玉かはわかりませんが。

何はともあれ、それだけの感度を持っていたら、こっちもやりやすいだろうなと思って、導いていこう、一緒に高めていこうと考えました。

 

私が出すオファーにどんどん応えてくれるのでプレゼントをしました

こういうのあるけどどう?とオファーを出すと、決まって出てくる答えは「やります!」という返事。ただやるのではなくて、しっかりやる理由も明示してくれる、そんなステキマンには何かの形で還元したい、と思い、先日、ビーズクッションをプレゼントしました。

ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ネイビー PCM-6512T」というもので俗にいう、「人をダメにするクッション」ですね。

Amazon.co.jp - ビーズクッション アースカラーキューブチェア Lサイズ ネイビー PCM-6512T - ホーム&キッチン

こちらは自分で購入したものではなく、とあるキャンペーンでのランキング入賞賞品で、貰ったはいいんですが、いざ届くと、子供が小さいという環境もあり、中々使わず部屋の片隅で結構な場所を取っていました。そんな未使用のものを今回はプレゼントさせていただきました。

どんなクッションなのかのお話は、ひよりさんのブログに書かれていますのでそちらをご覧ください。いかんせん私は使っていないのでわかりません。

フレックスのキューブソファーをもらっちゃいました☆

そしていざ送るとなったときに、とんでもないことが起きました。ヤマト運輸さんに集荷を頼んだんですが、「既定の大きさを超えているので受け付けられない」とのこと。段ボールの3辺が160センチを超えており、受け付けられる規格外との話でした。そこを何とか、と交渉したところ、箱を少々折りたたむことで見事160センチ以内に収まり、思わずハイタッチです。

o-HIGH-FIVE-facebook

ですので、ここまで未開封品で色さえも確認してなかったのですが、この集荷のやり取りで初めて開封し、ソファの色を確認しました。そもそもAmazonの段ボールで届いていたので、「これイケるんじゃないの?」と思っていたのですが、Amazonは特別だそうです。

また9800円なのでヤフオクで売ったらそこそこのお金にはなると思いますが、やはり親しみのある人に使ってもらった方が嬉しいので、こういう形でプレゼントしました。そして、送った後は、部屋がかなりスッキリして奥さんに「部屋が広くなったね!」と称賛されました。

ひよりさんも大喜びだったので、お互いWIN-WINな感じになれて良かったです。

 

プレゼントをしたもう一つの理由

私は最近、この人からオファーを受けたら、必ず引き受けようと心に決めている人がいます。正直、中身はわからない。でもきっとワクワクする未来を作れる、そう感じて最近大きなオファーに応えました。結果は、決めた瞬間に未来が変わり始めた予感がしました。

これまでとは何かエネルギーが違う、そんな気分でです。そして、そのオファーに応えたせいか、大きなプレゼントをもらいました。凄く凄く価値があって、飛び上がるほど嬉しいプレゼントです。

しかしながら、貰ってばかりでは勿体ない、この状況をお裾分けせねば!と考えていた先に、今回のオファーが誕生しました。信じて私がオファーを出して、それに応えてくれたひよりさん。オファーを受け取ってもらえるってこんなに嬉しいことなんだ!と感じ、感謝の気持ちを込めて、プレゼントを差し上げた次第です。

これからもそんなスパイラルを巻き起こしていくのでお付き合いお願いします。

 

その目に焼き付けろ!この行動力

フレックスのキューブソファーをもらっちゃいました☆ 稼ぎたいならひよらーになれ!

ひよりさんのブログ記事を一部抜粋したものがこちら。どうでしょう、これが結果を出し続けている人の行動です。

現状に満足せず、「やってみる」「やってみる」「やってみる」の連続です。それだけやっているからこそ、達成感が半端ないです。やってないのに達成感なんて感じられないですからね。この辺は本当にやっている人にしかわかりません。

ここまで情熱的に取り組める自信がアナタにありますか?ここでYES!と外国人風に出たら最高ですね。その情熱と信じる力がアナタの夢を叶えてくれます。

 

ひより気づきからのキングスマン添え

今回の件に関してのひよりさんの記事に書かれていた、気づき内容に対して、勝手に私なりに3点添えてみます。

まずは「わかったつもりはよくない」ということに関して。これはまさに!って感じの話で、わかるのは良いんですが、それを自ら取り組んでみて、できるかどうかが問題なんですよね。「わかってる、わかってる」とか「知ってる、知ってる」というのではなく、実際にやってみてどうなのか、自分がどの水準で実行しているのかまで把握しとくとベターです。ですので、言われたことを「やってる、やってる」ではなくて、どの水準で要求されていて、その水準に自分の「やってる」は達しているのか、まで気にしてみてください。

「わかってる、知ってる、やってる」が3大:成長を阻害する考え方とも言われています。ぜひ素直に取り組んでみてください。

続いて「わからないことはわからないと伝える」ことについて。世の中には大きく3種に分けられます。わかっている人、わからない人、わかっているつもりの人。一番ヤバいのが、わかっているつもりの人です。要はできていないのに、できているつもりが一番危ない。結局はやってみないとできないことってわからないので、まずは取り組んでみる必要があります。

自分に何ができて、何ができないのかを知る。そしてそこから自分はどんな人間なのかを知る。そんな自分と向き合う時間が非常に重要です。

最後に「インプットしたものを自分の仲間に惜しみなくシェアする」ことについて。これは相手を知れば知るほどにやりづらいです。恥であったりとか、遠慮であったりとかが邪魔をして、自分を出し切るということをしづらくなります。それを続けていると、いつしかその出し切らないところが上限になってしまい、制限がかかります。

そうなるとアナタ本来の力が出せず、それを続けていくと、さらに上限が下がっていきます。だからこそ、どんな場面でも出し切ることが大切です。出し切って、出し切って、出し切れば、上限はどんどん上がっていきます。その辺はスポーツがわかりやすいと思います。例えば、出し切って、筋肉痛になって筋線維が壊されて、再構築する際に、筋肉が強化されて、もっと強い力が出せるようになる。その繰り返しでもっともっと強い力が出せるようになっていきます。

言い換えてみれば、筋肉の動きは私たちの行動とも読み取れます。行動しまくれば、それまで以上のことができるようになります。まずはアナタがインプットしたものを仲間にアウトプットしていきましょう。アナタの仲間はそれをしっかりと受け取ってくれます。

 

最後に

今回、ネットビジネスコンサルタントを育てる講座を開講したことをご案内させていただきました。そしてそのオファーは特定の方、一人限定にさせていただきました。

そこで私が選んだのは、日ごろからやり取りしている、佐藤ひよりさん。ひよりさんを選んだ理由はとにかく素直で実力も兼ね備えていてステキだから。ひよりさんがもっと飛躍できるステージへ導いていくので、これからの私たちの活躍を楽しみにしていてください。

もしかしたらアナタも私と関わっていると、何か面白いことがあるかもしれません。私はアナタの活動を全力で応援します。それでは☆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で恋愛語ルシス@公式をフォローしよう!

この記事の著者

Kingsman自信と幸せを与える【恋愛&ビジネス成就コンサルタント】

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • あるサラリーマン
    • 2017年 7月 07日

    なんだか元気になりそうな^_^
    興味あるのです、詳しい案内欲しいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る