【確実】初デートで目当ての女性と超自然かつスムーズに手を繋ぐ方法

LINEで送る
Pocket

当ブログにお越しになる方も徐々に増えてきまして、その中でも「デートで手をつなぐ悩み」に関しての検索で来られる方が多いようです。

これに関しては以前にも記事にしておりますが、今回は違った角度で改めて考えてみたいと思いますので、ぜひ参考にされてください。

 

検索キーワードで読み解く、手をつなぐお悩み

こんなキーワードで検索されています。

  • 手のつなぐタイミング
  • 彼氏持ち 手繋ぐ
  • デート 手を繋ぐ 新密度
  • 手を離す タイミング
  • 手繋ぐ 聞く
  • 手を繋ぐ 何ヶ月
  • 手をつなぐ先に予告
  • 手を繋ぐタイミング割合
  • 女 手を離す
  • 手を繋いでいる時離すタイミングとまた繋ぐタイミング

このキーワードを見ているだけでも「初々しいな!」って興奮する私がいます。そんな私はさておき、検索ワードを見ると、手を繋ぐタイミングだけでなく、離した後のことも知りたいのがうかがえます。

確かに手を繋いでいるとロマンチックではあるのですが、ときに行動が制限されてしまいます。そんなとき手を離すのですが、「次に繋ぐのはどのタイミングがいいのか」というのは気になるところではあります。

実際、私も奥さんと旅行に行っていたとき、基本、仲良く手を繋いでいましたが、カメラで写真を撮りまくる瞬間はさすがに手を離していましたね。そう考えると、その後は気づいたら繋いでましたね。

ただ、そんなことができるのは付き合ってある程度期間が経ったカップルであったり仲良し夫婦であったりと、初デートも間もないビギナー勢には難しいかもしれません。

ということで、前置きが長くなりましたが、「初デートでスムーズに手を繋ぐ方法」を考えていきましょう。

 

デートで女性と自然にかつスムーズに手を繋ぐポイントは2つ

『タイミング』と『切り出し方』の2つさえ押さえてしまえば、デートでスムーズに手を繋ぐことができます。

ただ、その前にまず大切なことを覚えておいて欲しいことがあります。それは『デートに来る』ということは少なからず、相手はアナタに好意を抱いてるか、興味を持っているということです。

そうでなければ、大切な時間を割いてわざわざアナタと過ごす理由がありません。何かしら異性として「アナタ」を意識しているという証拠です。

だから安心し、そして自信を持ってくださいね。

 

その躊躇が気持ちを冷めさせる

上で述べた通り、女性はアナタに手を繋いで欲しいと思ってます。それをアナタがいつまでも躊躇していたら、いずれ相手の気持ちも冷めてしまいます。

そんなことをしていたら「相手を焦らす」前に飽きられる可能性がありますので要注意です。

多少の恥ずかしさがあるかもしれませんが、自信をもって思い切って手を握ることが大切です。

 

自然に手を繋ぐタイミングはここだ!

まず最初に言っておきますが、待ち合わせでいきなり手を繋ごうとしては駄目です。既に付き合っていて、何度も手を繋いでいるのならそれでいいです。

でも、初めてのデートでいきなり会った瞬間に手を繋ごうとすると、最悪の場合、終了します。ドン引きされます。

一方で、3回以上デートをしているのに一度も手を繋いでいないのもNGです。正直、男としてガッカリです。「手を繋がれない」=「私は女性として魅力がない」と女性は感じてしまいます。

ではどのようなタイミングで手を繋ぐのが良いのか。それは「移動中」です。

例えば「軽くカフェでまったりして、次のスポットに移動する途中」です。こういったタイミングで手を繋ぐのが最も自然かつ女性をドキドキさせることができます。

これはどういうことかと言うと、1件目のカフェで会話をしてお互いが打ち解けているので、女性側の警戒心がほとんどなくなっているため、このときに手を繋げばすんなり受け入れてもらえるというわけです。

 

無言では繋ぐのはNG

ここで注意点ですが、無言で手を繋ごうとしてはいけません。いきなり手を掴まれたら、誰だって驚きます。たとえ、嫌われずとも、これまでの良い雰囲気が台無しになってしまします。

だからこそ、手を繋ぐときはしっかりと相手に言葉を投げかけてから繋ぐようにして下さい。それによって相手も心の準備ができます。

「自然に手を繋ぐタイミングが≪移動中≫」であれば、そこでかけるべき言葉は自ずと浮かんでくるはずです。例えば「さぁ、行こうか」、「次はどこ行こう」など。

変に気どって「デートっぽくしようか?」「ほら、はぐれんなよ」「手繋ぐか?」なんて言われた日には、私が女だったら「ぇ、ごめん、ふざけてんの?」って警戒してしまいます。

自然なタイミングに出る台詞だからこそ、無理に気どらず自然体な方がベターです。

 

断られたときも紳士らしく対応すべし

手を繋ごうとして断られる可能性はわずか1%ですがあります。どれだけアナタのことを警戒していなくても、どれだけアナタのことを嫌っていなくても、実はこの方法が失敗する可能性は存在します。

その状況で断る理由はただ一つ。「恥ずかしいから」です。アナタに手を繋がれるのが恥ずかしい、手を繋いだところを周りに見られるのが恥ずかしい。こういう感情は必ずあります。

事実、どんなに手を繋いできた私たち夫婦も、お互いの両親の前では手を繋げませんでした。それは恥ずかしかったからです。そういう気持ちがあると、たとえ好きでも手を繋げないことはあるというのを知っておいてください。

話は戻りますが、手を繋ぐのを断られたときに絶対にやってはいけないことは「あからさまに凹む」ことです。その落胆を表情、態度に示しては駄目です。それまで楽しかったデートが一瞬にして気不味い雰囲気になり、台無しになってしまいます。

断られたときは「気にしてない」という言動や態度を取るということです。 具体的には「わぉ、よけられた!?」などと明るく振る舞ってください。

そして、相手の心の準備が整ったときに、再度チャレンジすればいいだけの話なので落ち込む必要はありません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。以上が手をスムーズに繋ぐ方法の全貌です。

デートに来てくれた以上、相手もそれなりの期待は持って臨んでいると思いますし、ある程度の覚悟はできているはずです。

あとはアナタの覚悟だけです。自信をもって行動するのみ。覚悟を決めた男の姿ほどカッコいいものはありません。

そして、恥ずかしくも心待ちにしている彼女の手を掴んであげてください。成功すれば一気に距離は縮まり進展すること間違いなしです。

それでは嬉しいご報告をお待ちしております。

 

ちなみにこちらが以前書いた記事になります。また別の角度から考察しているのでぜひ参考にされてください。

7019818-holding-hands-love
【成功率90%超え】女性と手を繋ぐベストなタイミング 3つ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で恋愛語ルシス@公式をフォローしよう!

この記事の著者

Kingsman自信と幸せを与える【恋愛&ビジネス成就コンサルタント】

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る