恐ろしいほど好意を上げる!気になる女性の正しい褒め方

LINEで送る
Pocket

LoveforM-1362402-couple-talking-at-home-xs-e1370175459186

女性を褒めることで、その好意は着実にアップしていきます。しかしながらその方法を誤ってしまうと、好意が上がらないどころか、逆に下がるリスクがあります。

では、うまい褒め方とは実際どんなやり方を指すのか、そして女性のどんなところを褒めていけば良いのか。今回はこれら〈褒めテク〉にフォーカスしてお話していきます。

 

褒め殺しは逆効果

褒めること自体は女性に限らず、好意を上げるために非常に効果的です。しかし、女を褒めればモテると聞いて「いつも女を褒めるようにしたけど全然好意が上がらない・・・」という声をよく聞きます。

この原因は会話の割合で、日常的に褒めてばかりいてはあまり効果がありません。こういった間違った褒め方を続けていると、気を使いあう関係から脱却できず、一向に距離が縮まりません。

この状況から脱却する唯一の褒め方は「緩急をつける」こと。ですから会話の中に褒めることだけでなく、落としたりイジったりする要素も含ませることで、〈褒める〉ことが初めて効果を持ちます。

 

NGな褒め方

当然、上手い褒め方、下手な褒め方があり、下手なケースとして「大げさすぎる」「不自然である」といった、この二つのパターンが多く挙げられます。

例えばカラオケに行った後のメールやLINEで「○○ちゃん、すごぉーい!!滅茶苦茶カラオケうまかったじゃーん。もうね、プロになれるよ!プロ級だよー」なんて褒め方をしたらどうでしょう。された側の気持ちを考えたらすぐにわかるのですが、失敗する人はそこまで思考が回っていません。このように、露骨な褒め方は相手を不快にしますし、不信感すらいだきます。

では何故大げさで不自然な褒め方は相手に響かないのでしょうか。その根本的な原因は「相手への下心が伝わる」ことにあります。相手のカラオケがうまいから褒めるのではなく、その女に自分を良く思ってほしいから褒めているということを瞬時に女性が察してしまうのです。

 

褒めモテのための第一歩

では上手い褒め方はどういった褒め方を指すのかをお話します。〈褒める〉というとシンプルに褒め言葉を使えばよいと思っている方がいますが、そうとは限りません。

そもそも〈褒める〉ということは相手を肯定する概念があります。先ほどのような大げさな表現でなくとも、相手が取った行動に対して肯定するだけで充分に褒めることに値します。

肯定すること自体はそこまで難しくありませんので、女性を褒めることに慣れていない場合はまずはこの肯定することから始めてみてください。

例えばメールやLINEの返信例だと、「オレもそう思うよ」「確かにそれはアリだよね」「なるほどね。言われてみればそうだよね」などシンプルで結構です。まずは肯定することに慣れるここから始めてみましょう。

 

褒めモテのための最強プロセス

たとえ恋愛初心者でも即効で使えるのが女性の持ち物を褒めるというテクニックです。服装やアクセサリ、バッグなど、女が身に付けているものや持っているものを褒めるというもの。これは王道で、すべての女性に対して効果的ですので、是非実践してみてください。

女性は基本的にカワイイことに価値を置きます。ですので、「○○ちゃんのバッグ、かわいいね」と持ち物を褒めて、その後に「○○ちゃんにすごい似合ってるよ」と相手も含めて褒めることで、好意はさらに上がります。

物自体を褒めるのはあくまでもきっかけ。でもこのきっかけがないと、大げさに感じてしまったり、不信感を抱いてしまう可能性が出てきます。そういう意味で、このきっかけは次に繋げるために非常に重要です。

こういったプロセスをしっかり踏むことで、相手からの好意を着実に上げることができます。

 

カワイイ子をカワイイと褒めてはいけない

女性を褒めるというと、その外見を指してカワイイと褒めることが多いです。ですが、単純に外見を褒めるのはあまりsmartではありません。実はほとんどの女性に対してNGで、多くの女性は自分の外見に自信がありません。そんな女性はそのカワイイを額面どおり受け取らず、それどころか単に皮肉と受け取られてしまう可能性だってあります。

逆に美人に対してもそうで、こういう方は美人やカワイイということを言われ慣れているために、その外見を褒めるという効果が薄くなります。

ただし、これらには例外がひとつだけあって、それは「変化を褒める」ことです。髪型や服装の雰囲気、いつもと違う感じであればそれは外見でも褒めても問題はありません。

 

結論:中身を褒める

どんな女性にも通じる万能な褒め方、それは中身を褒めるということ。ズバリ〈女性らしさを褒める〉ことです。

気遣いのある対応や、デスクの上がいつも整理整頓されている、身だしなみが良いなど、女性が褒められて嬉しい女性らしさにフォーカスして褒めるのが効果的です。やはり内面部分は気づきにくいです。そこに気づいて褒めてこそ、デキる男性として認識されて自然とモテ始めます。

今回お話した内容を意識しているのと、していないのでは明らかに差がでます。周りの男性と差をつけるための驚異的なテクニックを考えていただいて結構です。まずは相手のことを考えて、どうすれば喜ばれるかに気を使ってみましょう。

それでは嬉しいご報告をお待ちしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る