【出雲大社】ぐるりんパスの買い方や嬉しいメリット・注意すべきポイントはコレだ!【松江・出雲】

LINEで送る
Pocket

DSC00931

もし出雲大社に関西方面から行くのであれば、『松江・出雲 ぐるりんパス』という企画チケットを購入した方が断然お得です。お得具合はコチラの記事を参考にしてください。

 

今回はその『松江・出雲 ぐるりんパス』の購入方法と注意点を、結婚前に初めて奥さんとデートした出雲大社旅行を思い出しながら書いてみます。

(※余談ですが、お付き合いして初めて行った旅行が出雲大社でした。そしてろくにデートというデートをしていなかったのでそれが私の中で初デートになります)

 

 

ぐるりんパスは駅の窓口で買える!逆に駅じゃないと買えない!!

『松江・出雲 ぐるりんパス』は駅のみどりの窓口で購入できます。逆に言えば、ネットが普及している昨今ではありますが、インターネット上からは購入できず、窓口での取り扱いのみとなります。

DSC00929
左が駅に置いてあるチラシです。当時はいろいろ料金を比較するために右の「こだま指定席往復きっぷ」も貰ってきたんですが、結果的にぐるりんパスが安いという結論に至りました。

で、なんでわざわざチラシの写真を載せたかと言いますと、このチラシを窓口に持って行った方が説明しやすいよ、っていうだけのアドバイスでした。説明もしやすいですし、自分自身も話を聞いていてわかりやすいかと思います。

あと、チラシの値段は消費税5%時代のお値段なので、金額は参考程度にご覧ください。

 

注意点1:1か月前から前日まで購入可能

ぐるりんパスは出発予定日の1か月前から購入ができ、また予定日の前日まで購入可能です。それより前&当日は購入ができませんので、その販売期間を頭に入れておいてください。

 

注意点2:おひとり様旅行では購入できない

購入は2人以上の人数から可能です。つまり、ひとり旅行を計画されている場合はこちらのぐるりんパスは利用できません。無理やりでも恋人を作ってお出かけください。

コチラが2名分の切符の写真です。

DSC00930
DSC00932
行き帰りの切符、施設の入場券、お茶が試飲できるイベント券、アンケートで構成されています。当時は初デートの喜びのあまりか、なぜかシーツの上で写真を撮っております。

 

注意点3:時間、座席を変更できるのは1回のみ

ある程度、旅行計画を立てていたこともあって、窓口での購入と同時に、行きの切符の座席は指定しました。

右側の「神戸市内→松江」となっている「ゆき」の切符で、行きの新神戸-岡山間の新幹線と岡山-出雲市間の特急やくもの座席を指定しました。
DSC00934

この時点では帰りの座席指定はしてません。この辺は融通が利いて、電車乗る直前でもできますし、何なら今からでもできてしまいます。ただし、時間、座席を変更できるのは1回きりなので注意が必要です。

帰りの座席指定は、写真の「ゆき」の切符の「かえり」版でできますので、チケットはなくさないようにしましょう。

 

2度ぐるりんパスを購入した私が感じたメリット

初デートに出雲大社へ旅行に行き、結婚記念日に2度目の出雲大社に行った私が感じた、ぐるりんパスの最大のメリットは汎用性が高いことです。

1回目の出雲大社旅行では、とにかくパワースポットを巡りたくて、周遊区間(乗り降り自由の無料区間)が許す限り、電車やバスに乗って移動していました。一方で2回目の出雲大社旅行は奥さんがご懐妊されていたということもあって、あまり移動はせず、出雲大社へ参拝した後は、松江、玉造温泉でブラブラしていました。

松江をブラブラする際に役立ったのが先に挙げました「お茶が試飲できるイベント券」になります。指定の和菓子屋さんでその券を見せると、お茶とお菓子がいただけます。奥さんは甘いもの好きなので大喜びでした。他にも2回目では1回目のときには見向きもしなかった観光施設入場券を使って、施設も回りながら楽しみました。

このように旅のプランに合わせて楽しむことができる企画となっており、良い旅の思い出ができました。

 

最後に

2013年の出雲大社と伊勢神宮の式年遷宮が重なるという話題からその二つを巡ったのですが、私のパワースポット巡りはそこから始まったような気がします。今となっては「二人の思い出の地」みたいになって、両方とも2回ずつ行きました。

旅行は二人の絆を強くしてくれます。良い意味で相手の本性が見られるかもしれませんよ。アナタの恋旅をぜひ成功させてくださいね。

それではアナタからの嬉しいご報告をお待ちしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で恋愛語ルシス@公式をフォローしよう!

この記事の著者

Kingsman自信と幸せを与える【恋愛&ビジネス成就コンサルタント】

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る