【大絶賛!】くつリネットで人生初のくつクリーニングを感動体験しました☆

LINEで送る
Pocket

DSC07439

スーツや冬物コートなどの服のクリーニング、布団のクリーニングは既に体験済みの私も、実は靴のクリーニングは未体験ゾーンでした。そこで今回、満を持して、靴のクリーニングを人生初体験しましたのでご報告いたします。

正直、自分で洗ったりもしていましたが、やはりプロの技が見てみたい!ということで今回は思い切って、どこまでキレイになるかを実体験してみましたので、愛用の靴を洗いたい、もしくは洗いたいけど洗えていない方はぜひ参考にしていただければと思います。

 

くつリネットのサービス概要

くつリネットでは預かった靴を丁寧に検品して、その状態に最も合った方法で洗い上げます。

image
こちらが公式ページからの抜粋になりますが、検品から始まり、除菌、脱臭し、依頼を受けた靴を1足ずつ洗い上げます。その後、靴に優しい自然乾燥を行ない、色落ちしていたら補色するなどの仕上げを行ないます。普通、自分でやる場合は、洗って乾かして終了!みたいな感じですが、さすがプロの技。靴のことをよく考え、労わってクリーニングされています。

気になる料金はコースによって変わってきます。
image

今回、私はお試し感覚で、脱臭&除菌、丸洗い、補色、起毛染み抜きブラッシングをしてくれる、スタンダードコースを選択し申し込んでみました。

 

今回のターゲットは普段履きのシューズです

約1年前に購入して1度か2度くらいしか洗っていないシューズをクリーニングに出すことに決めました。クリーニング前はこんな感じです。

DSC07359
DSC07360
DSC07361
image
ご覧の通り、つま先や側面が黒っぽくなって汚れています。

また、裏側もこんな感じになっています。
DSC07363
普通に履いていたら、そうなるよねっていう普通のレベルの汚れになっています。

DSC07366
あとは念のために靴の中もチェックして、多少においを嗅いでみましたが「ん~、マンダム!笑」。これをくつリネットでクリーニングしたらどうなるのか凄く楽しみです。ぁ、一応念押しで言っておきますが、とりわけ臭いわけではありませんよ(笑)

以上がクリーニングに出す前の状態です。この状態で靴クリーニングに申し込みます!

 

くつリネットの申し込みは凄く簡単!

申し込みは簡単3ステップです。

  1. インターネットから預ける日と受け取る日とコースを指定して申し込む。
  2. 宅配業者にクリーニングしたい靴を預ける
  3. クリーニングが終わった靴を受け取る

以上です。このステップで進めていきます。

まずは、WEBからお申込みです。
image
image
上記、3ステップは自分で考えて書いたつもりでしたが、今見返してみると本当にそんな風に書かれてますね。
image

それくらいクリーニングのステップは簡単で、煩わしさは一切ありません。

DSC07367
超スカスカではありますが、こんな感じで段ボールに入れて送り込みます。

数日後、靴がリネットへ到着し、検品が完了したら、お見積りが届きます。この時点で不満があればキャンセルも可能です。

私の場合は、スタンダードコースで申し込んでいたのですが、

image

こんな感じで、ライトコースに変更されています。正直、よくわからず勢いで申し込んでいた部分もありましたが、
image
補色やブラッシングができない靴だったので、それならライトコースが合ってるよってことで、こうやってコース変更をしていただきました。申し込んだコースをそのまま適用するわけではなくて、その靴でできないサービスがあったら、その靴に最も合ったサービスに変更するという姿勢が、利用する側としては非常に嬉しく感じました

以上が申し込み~靴を預ける~料金の明細が届くという流れのお話でした。いよいよここからが本番。仕上がった靴が届きます。

 

【朗報】気になっていた靴の黒ずみがなくなってました!

クリーニング依頼した靴がくつリネットから指定した日にばっちり届きました。

DSC07424
DSC07425
こんな感じで緩衝材に包まれて届きました。中にはこんなメッセージも。

DSC07426
DSC07427
いわゆるお礼と注意書きってやつですね。「必ずビニールから取り出して通気性の良い場所で保管してください」と強調されているので、それに従い、勢いよく靴を出して今からチェックです。

DSC07428
スーツのクリーニングでもありましたが、検品時のチェックされたところ、判断した状態をそのまま残してもらえるのは、クリーニング前はどうだったのか知ることができてありがたいですね。私的にこの辺の何気ないサービスが高評価です。

DSC07430
DSC07439
取り出してみるとこんな感じです。

DSC07432
DSC07434
靴の裏やつま先も黒ずみが取れてしっかり綺麗になっています。

DSC07438
あまり気にしてませんでしたが、心なしか靴紐も輝いているような気がしました。

DSC07431
DSC07437
ただ、一部靴の側面の黒ずみが残っていたり、かかと部分のシミが残っていたりしましたが、正直、この辺が限度だろうなと思っています。きっとリネットが本気を出せば真っ白にできるんでしょうが、そこまでやってしまうと靴を傷める恐れがあります。あくまでも傷めない範囲でクリーニングを行なうことを意識されている結果だと勝手に思いました。それに、そんな黒ずみやシミも遠めから見て気にならないレベルですので問題ありません。

 

結果報告のまとめと感想

上がクリーニング前、下がクリーニング後。
DSC07359
DSC07439
見るからにキレイになってます。仕上がり具合に大変満足していて、文句は一切ありません。これならさらに何十年か履いていけそうですね。

そして期間に関してですが、今回のクリーニングには約2週間の時間がかかっています。キレイになったものが早く手元に欲しい人には少し長く感じるかもしれません。ですので、必要なタイミングを見計らって、先んじてクリーニングに出すような工夫ができれば、このクリーニング期間は気にならないかもしれません。

価格に関してですが、今回の私の例は少し特殊かもしれませんが、実はこの靴、8000円程度で購入したものになります。その靴を今回4300円かけてクリーニングしています。これをどう捉えるかは人それぞれだと思いますが、私からしたら完全にやりすぎです(笑)

ですので、価格面で考えると、高級なブーツなどの高価な靴であったり、自分で洗うのが困難だけど思い入れがあって新しく買うことのできない靴などが、この靴クリーニングのサービスに合っていると思います。そうでなければ自分で洗うなり、履きつぶして次の靴を買うなりした方が、あくまでも金銭面だけにフォーカスすればそちらの方がお手頃です。

また、靴を保管してくれるサービスもやっているので、冬場しか履かないブーツで場所を取っている場合は預けて整理することも可能です。以上が私の感想と考え方になります。簡単にまとめると、

  1. 安い靴は自分で洗って、高級な靴をクリーニングに出そう
  2. 思い入れがあって、同じものを探しても見つからない、そんな靴のメンテナンスに使おう
  3. あまりはかないけれど大事な靴は預けて靴箱を整理しよう

こんな感じでしょうか。上記を満たしていて、もし洗いたい、補修したい愛用の靴があればぜひくつクリーニングを利用してみると良いかもしれません。

結構、足元って見られていますので、足元が輝いていたら好印象ですよ。逆に汚れていたら印象を落としてしまうかもしれません。結構、そういう印象って大事です。まずは足先からステキを目指していきましょう☆

それではアナタからの感動体験をお待ちしています。

くつリネットで愛用の靴をクリーニングして感動体験する

 

おまけ:私の服クリーニング感動体験談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で恋愛語ルシス@公式をフォローしよう!

この記事の著者

Kingsman自信と幸せを与える【恋愛&ビジネス成就コンサルタント】

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る