【奥手男子必見】あっという間に好きになってもらえる「会話構築術」

LINEで送る
Pocket

1_3l459smlckt0icxf1np4d

会話をしていて好きになる。恋愛はそんな単純な話ではありませんが、会話を繰り返していると好意的に思って、いずれは恋に落ちるものです。

人は基本的に、自分を大切に思っています。そのため、「自分を認めてくれる人」・「自分の価値を高く見てくれる人」・「自分を尊敬してくれる人」・「自分の存在を大切に思ってくれる人」を私たちは自分にとって重要な人間だと判断する傾向が強いです。これは、どんな人でもそのような性質が備わっているため、ほとんどの人に共通する部分となります。

その性質を利用した、話題の作り方、話しかけ方によってアナタの好感度をグッと上げるテクニックを今回はご紹介いたします。

 

相手に負担をかけることで信頼を示す

相手に負担をかけることで、アナタに注意を引き寄せます。これによってアナタのことを考えざる得なくなり、アナタから頼られていると認識されます。この頼られているという認識が、冒頭で紹介した自分にとって重要な人間であるという判断の要素になります。

実際に困った事や、悩みがある場合には、信頼している人に相談します。それを理解しているからこそ、負担掛けられていることマイナスの要素として受け止めるのではなく、信頼されているというプラスの認識をしてもらえるのです。

もちろん気分を害したり、明らかに負担が大きいとそれはそれで問題で「二度と関わりたくない」と思われかねません。信頼がベースとなっていない、ただの負担であれば相手に嫌悪感を持たれるだけの結果になってしまい逆効果ですので、「適度」であることが大切になってきます。

この辺の塩梅は非常に難しく、いきなりの実践は難しいかもしれませんので、以下、紹介する方法を試してみてください。

 

相談で好意は上げられる

適度な塩梅で頼る方法のひとつとして「相談」があります。何か自分の身の回りで起こっている問題をそのターゲットとしている女性に投げかけます。この場合の相談内容は軽い方がベターです。親密度合いが相談内容の具合を左右します。まだほとんど会話をしたことがないのにヘビーな話をしてしまうと大多数が引いてしまいます。

ですので、「京都に旅行に行こうと思っているんだけど、オススメのグルメはある?」とか女性が好きそうな話題で相談するのが良いですね。その方が相手も答えやすいので自然と会話が続きます。

こういった何気ない相談を繰り返すことで、あなたは普通の人から好意を持つ相手へとランクアップできます。相手を信用・信頼・尊敬しているということをアピールするのはプラスに働くので、その表現方法にバリエーションを持たせることができるようになるとあなたのスキルはかなり上がります。

 

最後に

今回は「相談」というやり取りを武器にして、相手の心に近づく方法をお伝えしました。実際、恋愛相談をしていたら、そのまま付き合ったなんて話も聞くくらいなので、それくらい親密になりえる手段かと思われます。「悩み」をフックにして相手と親密になるきっかけをうかがってください。

それではアナタからの嬉しいご報告をお待ちしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で恋愛語ルシス@公式をフォローしよう!

この記事の著者

Kingsman自信と幸せを与える【恋愛&ビジネス成就コンサルタント】

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る