【必見】簡単30秒で印象UP!女性にモテる返信メール術

LINEで送る
Pocket

Hallmark-Rewards-Program-1024x682

いろんなコミュニケーション手段が流行ったり廃れたりと移り変わりの激しい昨今ですが、それでもメールという連絡手段は変わらず生き続けています。おそらくは今後もなくならない連絡手段でしょう。そんなメールですが非常に強力なパワーを持っているという認識はありますでしょうか?

現代において、好かれたり、付き合ったり、エッチをしたりと、女性と美味しい思いをするための要素がメールだったりします。女性は昔から電話が好きだと言われていますが、最近はその手軽さから「メールやLINEが好きだ」と言う女性が急増しています。自分の好きなときに返信が出来るので、忙しい現代女性にとっては非常に助かるのでしょう。電話は双方の都合が合わないとできませんので、直接会うデートまではいきませんが、時間の縛りが発生します。その点メールは他のことの合間に出来ます。

そんなメールを使いこなすことが、現代で生き抜くための術であり、恋人を作るための近道であると私は考えています。長くメールを続けることが実は成功への第一歩だったりします。少なくとも私はこれまでメールのおかげで、女性たちと楽しく過ごすことができています。そんな私から、今回はそのメールの返信率を格段にUPさせる方法をお伝えしていきます。

 

メールは自分の色・個性を出しやすい

「メールは文字である」これが最大のメリットであり、デメリットでもあります。先にデメリット部分についてお話しますと、文字情報であるがゆえに、相手に誤解を与えてしまうことがあります。例えば、そっけない、冷たい、怒っているなど。こちらはそんな気はないのにそのような印象を与えてしまうことは珍しくありません。これに回避策は単純で、顔文字を使ったり、デコレーションしたり、あとはLINEでしたらスタンプを使ったり。ようは〈ひと手間かけている〉のが伝われば、そのような勘違いは払拭できます。

続いてメリット部分ですが、自分のキャラや個性を出しやすいことが挙げられます。俳優さんでもなければ、直接会ったときや電話でキャラを使い分けることは難しいはずです。一方で、メールの場合は『この人には冷たく素っ気無く』『こっちの人には明るく元気良く』『この人とはちょっとおバカなキャラで』など、キャラの使い分けが比較的容易に行えます。

必ずしもキャラ設定をする必要はありませんが、この人にこんな風に思われたいという希望を叶えやすいのがメールだったりします。

 

口下手でも好印象をゲットできる

正直、会話がなければ恋愛は成立しません。つまり口下手は不利なわけです。しかしながら、その口下手というのを事前に知ってもらっているのと、知ってもらっていないのでは大きな差があります。つまり、メールで先に自分を知ってもらった状態で接することができれば、デメリットはそこまで目立たなくなります。

そもそもメールにおいては口下手とか関係ありませんので、自分の本心を出しやすいというのがあります。私自身、もともと口下手でメール頼みな部分が多かったですが、メールを重ねる内に自然とお喋りの方にも慣れてきて、女性と話すことが苦ではなくなりました。

ですので、口下手な人こそメールで訓練していただきたく思います。

 

件名にひと手間かける

メールを相手に返信するとき、件名はどうなってますか?おそらく「Re:●●●●」となっているはずです。この件名のRe:を消して、新たなタイトルをつけるという、ひと手間をかけることで印象がUPするテクニックがあります。ただ、毎度毎度新しいタイトルを考えていると、ひと手間どころか大分手間なので「そうだよね」「ありがとう」「まあね」「いいよ」といった短い言葉で結構です。また、Re:をただ消去するだけでも印象が変わってきます。

この件名にひと手間かけることが、万人に対して必ずしもプラスにならないかもしれません。しかしながら、マイナスに働くことはまずないので、確率を少しでも高めるためにも、やった方がベターなテクニックです。また一度マメな人間という印象を与えることができれば、その後、特にマメなことをしなくても、その印象は潜在意識の中で働いていきますので、有利に進めることができます。

 

最後に

私自身、これまでメールに頼ってきました。メールで仲良くなり、交際に発展したケースがほとんどです。そんな仲を深める大事なツールがメールです。ぜひアナタもメールを使いこなして、楽しい未来をゲットしてください。

それでは嬉しいご報告をお待ちしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る