灯台下暗し!?成功率9割超えを誇る魔法のナンパテクニックがこれだ!

LINEで送る
Pocket

今回はナンパに特化したテーマでお話をしていきます。インターネットで探してみるとナンパに関しての記事は多いですが、アナタに最適なナンパアプローチは見つかっていますか?

実際に、ナンパ初心者で全く経験がない、そんな男性がナンパに挑戦してみようとすると、大抵の場合に失敗します。それもそのはずで、女性からしたら、偶然通りがかった初対面の見ず知らずの男性と、急激に会話で打ち解けることなんて誰にでも出来るわけではありません。

知らない女の子をナンパ直後に食事に誘うなんてのは中々ハードルが高く、普通に考えたら面識もないカワイイ女の子とその場で食事に行こう!なんて発想にはなりませんよね。

とは言え、少しでも自分から出会いに行く覚悟があるのなら、その姿勢に応えたくなるのが私です。知人のナンパ師にいろいろ聞いて、初心者でもできるようなナンパテクニックを学びましたので、今回、そちらの方法を惜しみなく披露していきます。

 

謎のナンパ師の簡単プロフィール

ナンパ師がどのような男かと言いますと、年齢は30代後半のいわゆるアラフォー男性です。

そして、私が言うのもアレですが、それなりにブサイクで外見の魅力は感じない、そんな男性です。(フォローを入れると、中身は尊敬しています。外見がアレなだけです)

聞けば百戦錬磨だそうで、何人もの女の子と身体の関係を持っているそうです。そこを自慢げに語らなかった辺りも何かイケてるおっさんだなって感心してしまいました。

そんな中身がイケてるおっさんに聞いた極意が以下になります。

 

9割以上の確率で女の子と会話できるフレーズがコレだ!

女性が遠のかず、話を聞いてくれる、その切り出す一言は「すいません、ナンパじゃないんですけど…」です。

まさに「灯台下暗し」と呼べる発想。バリバリナンパをするつもりなのに、ナンパでないと先に切り出すことで、相手に安心感を与える、もしくは拒否する気持ちを緩和させます。

ウソみたいな話ですがホントのようです。確かに、普通に考えたら、見ず知らずの男が近づいてきて話しかけて来たら、女性は「あ、ナンパだな」って感じるでしょう。

そこで「すいません、ナンパじゃないんですけど…」と最初に声を掛けることによって、女の子も(えッ?違うんだ)と思って話を聞いてくれやすくなります。その後にすぐに相手を褒めて持ち上げ、軽く会話をしていけば初心者でもナンパすることは可能なんです。

最初の一言でコレを使うか使わないかで結果が違ってくるそうなので、ぜひ取り入れてみましょう。その効果に思わずビックリすることでしょう。

さらに言えば狙い目の女性は、暇そうにしている女性、ゆっくり歩いている女性です。こういう人たちは気持ちに余裕があって、話を聞いてくれやすいです。

 

最後に

今回、ナンパの成功確率をグッと上げるキラーフレーズをご紹介しました。今回は私が聞いた話がメインでしたが、確かに相手の気持ちを考えれば、おのずとハマるフレーズは出てきそうですね。

相手の気持ちを考えてアナタだけの驚異のテクニックを見出してみてください。それではアナタからの嬉しいご報告をお待ちしています。

 

もっと濃いナンパテクニックを学ぶならコチラがオススメです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る