【思い出話】諦めないって恋愛では意外と大事なのかもしれない

LINEで送る
Pocket

maxresdefault

今回は少しばかり私の思い出話にお付き合いください。

デートや告白で断られた際に、潔く諦めるべきか、それとも諦めず再トライするか、そんなお話をしようと思っていたとき、今の奥さんとのやり取りを思い出しました。

 

わからないくらい断られました

特にイケメンでもありませんが、私はこれまでは〈告白される側〉でした。そんな浅い歴史の中で、唯一自分から申し出たのが今の奥さんです。おそらく私の言い方が軽かったのか、真剣味が伝わらなかったのかわかりませんが、「付き合ってください」と言っても、「ダメでーす」とお断りされました。(実際、その断り方もどうかと思いますけど・・・笑)

何回目かのアプローチの末、あちらも妥協されたようで、頭を抱え込んでしゃがみながらの「とりあえずOK」をいただきました。

 

「この先、好きになるかはわからない。ひとまず今は好きではない」

私はアメリカンスタイルなのか、比較的オープンに好きと言っていました。そんなお付き合いを進める中で、私が「好きだよ。そっちは?」と聞いたところ、衝撃の告白。

「この、先好きになるかわからない。ひとまず今は好きではない」そんな拷問のようなありがたい言葉をいただきました。その後も「彼女という自覚はない」と言った衝撃発言が続き、「もしかしてそれ以上の関係?」という私からの質問に対しては、「いいえ、他人です」という素敵なコメント。

 

結論:結局、他人です

ただ、なんだかんだ言いながらも、私が追いつけないスピードで結婚式の準備をされてましたし、今の生活でもお世話になりっぱなしです。

そういうのもあって多少は好かれているのかなと思い、「とうとう私の妻という自覚が芽生えたんですね!」と言ったところ、「いいえ、他人です。話しかけないでください」という変わらないクオリティでお言葉をいただけました。

そんな人が妻ですけれど、今のところ、何も心配はありません。ただ、諦めない気持ちよりも〈折れない心〉が重要だとは何度もこの場で言っておきたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で恋愛語ルシス@公式をフォローしよう!

この記事の著者

Kingsman自信と幸せを与える【恋愛&ビジネス成就コンサルタント】

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る