【必見】オッサン好きの若いギャルを一瞬で見極める方法

LINEで送る
Pocket

men-Leonardo-DiCaprio-model-gentleman-photography

「そろそろ自分もオッサンだな・・・」と年齢を感じるときがあるかもしれません。ただ、だからといって、恋を諦める必要も妥協する必要もなく、自分がしたい恋を絶対にすべきです。

もし、若い女性やギャルと恋愛をしたい、仲良くなりたいのであれば、その方法は存在します。そこで今回は、「オッサン好きの若いギャルを一瞬で見極める方法」と題してお話をしていきます。

せっかく一度きりの人生ですから、アナタのしたい恋をしてみませんか?

 

オッサン好きの若い女の子は確かに存在する

「恋に年の差なんて関係ない」とは言うものの、オジサンを好きになる若い女の子なんているの?っていうのがそもそもの疑問かと思います。ただ、いろいろ調べてみますと、これは確かに存在します。しかも、かなりの割合です。

確かにお考えの通り、恋愛の多くは同じ年齢層の間で成立する場合が多いです。しかし、それは単に出会う確率の問題であったり、一方が年齢が離れているから恋愛対象として成立しないと決めつけていたりするためだと考えています。

今回の場合の若い女の子は一旦、20~22歳と定義しておきます。そんな若い女の子が皆、若くて整ったジャニーズ系の男性が好きというわけではありません。「なんでこの女性がこの人と!?」という経験はきっとあるはずです。

本当は実に千差万別で、「オッサン好き」も確実に存在します。この若い女性が20~22歳ですから、年上好きとした場合には大体28歳から35歳までを指すと思いますが、「オッサン好き」となると35歳以上の男性が好きであることになります。

一概にはこう言い切れない部分がありますが、大まかな考え方としてこう捉えていただき、もしアナタが30歳近い年齢だとしても、「年上好きの若い女の子を狙う」と、今回の記事を読み替えてくだされば結構です。

 

オッサン好きの若い女の子を一瞬で見極める方法

いよいよ本題です。私が実際にオススメして実績のある方法を伝授します。すごくシンプルですが、テクニックが盛り込んでおります。

【あえてオシャレから離れた飲食店を提示して、女の子を誘う】です。ここで言う飲食店とは渋い串カツ屋やカウンター席しかないおでん屋などを指します。あえてこの店を選ぶ理由は、この誘う段階でフルイにかけるためです。

通常の20~22歳の女の子であれば、この話を振っても、何も興味を示しません。それよりも「東京ウォーカー」などに載っている最新のデートスポットに呼ばれた方がピンと来ます。

一方で、オッサン好きな若い女の子はこういう話をすると、「え?そんな店あるの?どこ?」 という具合に非常に興味を示します。人によっては目を輝かせるかもしれません。そんな女の子はむしろ普段からそういう店を探しているくらいです。

 

オッサン好きは感性がオッサン!?

そもそもなぜ若い女の子がオッサンを欲しがるかですが、その答えは、女の子自身が「オッサンの感性である」ことに由来しています。

「店構えとして少し物足りなくても、味はしっかりしていて美味しい」そんな料理を多くの男性は歳を重ねるごとに求めていきます。また、誰でも知っている店ではなく、人が知らない店を知っていることで「通好みな自分」に酔いしれます。

その感性を若い女の子が持っているというのがオッサンに惹かれてしまう大きな理由です。もっと自分は「大人」のことを知りたい、やってみたい。そんな「成熟した大人の感性を持っている」女性と言えます。あくまでもわかりやすくするために、ざっくりとオッサンみたいな感性と言っていますが、内面が大人な女性で魅力的であるということなので、その辺は気にしないでください。

 

焼酎好きはオッサン好き

はっきり言って、若い年代は酎ハイだったり果実酒だったりと、周りの目を気にしながら「カワイイ系」のお酒をチョイスします。そんな中で「居酒屋に行って、すぐに焼酎を頼む」のであれば、オッサン感性で年上好きの可能性が高いです。

単純と思われるでしょうが、私の経験上、100%、この法則が当てはまっていますので、ぜひ参考にされてください。

 

最後に

あまり詳しくは述べておりませんでしたが、ターゲットを絞るというのは非常に重要です。誰もかれもアプローチしていたら、時間も労力もお金も使いますし、中々大変です。

だからこそ、若い女の子をゲットしたいなら、単純に若い女の子ではなくて、〈オッサン好き〉の若い女の子を狙ってください。それだけでアドバンテージが非常に大きく、高確率で成功します。

今後のテクニックとして、若い女の子とのデートの秘訣をお伝えしていこうと思いますので、ぜひお楽しみにしていてください。それでは嬉しいご報告をお待ちしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る