【縁結び】ご縁をかもす町「鶴来」を歩く【金沢】

LINEで送る
Pocket

DSC04504

コチラの記事で縁結びで有名な白山比咩神社までのアクセスや実際に白山比咩神社を参拝した様子をお伝えしました。

DSC04496
【縁結び】恋愛運を上げる白山比咩神社の参拝方法とアクセス【金沢】

その中で、「鶴来の町には白山比咩神社だけでなく、金運アップの神社・金剱宮(きんけんぐう)もあります」ということに触れました。ということで今回の記事では、その金剱宮に辿り着くまでの鶴来の町散策の様子をお伝えしていきます。

ただ、適当にブラブラ巡ったわけではなくて、今回、「恋のしらやまさんきっぷ」を購入して散策しておりますので、そこについてきた地図を見ながら、同じくそこについてきた「和菓子券」「辻占券」が使えるお店を探して巡りました。

DSC04460

 

鶴来の町とは

石川県白山市の鶴来地区は千年も前から続く門前町です。白山比咩神社や金剱宮といったパワーのある神社に見守られ、栄えてきました。そして、この鶴来地区は古くからの造り酒屋や醤油屋、麹店などが軒を連ねる「醸造の町」としても知られています。

また、鶴来は和菓子屋さんが多い町で、地区内に7軒もあります。こんなレトロでスイートな鶴来のまちで、いろんなご縁を結ぶべく、白山比咩神社から金剱宮に向かう道のりでブラブラしてみました。

 

和菓子券は堂山生和菓子店で決まり!

DSC04503

DSC04504

「恋のしらやまさんきっぷ」に付いてきた〈和菓子券〉はこちらのピンクの旗がかかっている和菓子店で利用でき、好きな和菓子1個と引き替えてもらえます。使えるところはいくつかあって、私自身、正直どこでも良かったのですが、金剱宮に行く途中にある、ということで、この堂山生和菓子店で利用することにしました。

店内に入ると、誰もいない。お店の人もいない。まだ午前10時過ぎという早い時間帯というのもあったからだと思います。「すいませーん」と言うと、奥の方からおじいさんが出てきました。

券を使えるとはいっても、果たして浸透しているのか疑問だったので、おそるおそる〈和菓子券〉を出したところ、「あー、これね」って感じで対応して貰えました。私と奥さんで並んでいた和菓子の中から一つずつ選んだのですが、予想もしていなかったお茶まで出して貰ったため、そのまま店内で食べることに。とろりとして美味しい和菓子でした。

その和菓子を食べながら、お店の人とお話をしました。今の終点は鶴来駅ですが、少し前まではもっと先まで線路が続いていたそう。でも、利用者があまりいなくてその駅を封鎖し、線路を短くしたようです。その他にも地元のお話をたくさんして貰い、さらには私の現在の居住地である神戸のお話もしました。

DSC04560

そして、最後にはコチラ。こんなお守りをもらいました。“ご縁がありますように”とのことで、中には5円玉が入っていて、この5円は白山比咩神社でお祓いをしたものだそうです。これが正解かはわかりませんが早速お財布に入れて大事にしております。ちなみに紙の色は何種類かあり、私とは違う色の物を奥さんはいただいておりました。これでいろんな【ご縁】をいただけると嬉しいです。

 

何とも言えない辻占券

DSC04505

がっつり反射して私たちが映り込んでしまって恐縮ですが、金剱宮へ行く途中に、〈辻占券〉を使えるお店もあります。

そもそも辻占とは江戸時代から加賀地方に伝わる干菓子のことです。砂糖と餅粉を混ぜ合わせたものを花のように巾着包みにしてあり、真ん中に小さなおみくじが入っております。おみくじの文面はひとつひとつ異なっていて、3つの結果を合わせて占います。

DSC04506

今回は少し時間も押していたので、「飛騨屋」というお店で辻占券を引き替えて、爽やかな笑顔で辻占をいただき、金剱宮に向かって歩きながら楽しみました。おみくじを食べてしまわぬよう細心の注意を払いながら、3つのおみくじを並べてみると・・・

DSC04509

『勝負にこるな きげんなおして まつ人がある』

これを奥さんに見せたら「機嫌直して、機嫌直して。って、勝負してるの?」とバカにされました。加えて、〈まつ人〉で浮気疑惑が浮上し、何だか楽しいおみくじでした。一方、奥さんはというと・・・

DSC04510

『嬉しい涙がこぼれる ほれてつまらぬ かみさまがまもる』

意味は理解できませんが、なんだか私の結果より良さそうな感じです。ただ、これを引いてから、「旦那に惚れてはいけないっていう解釈で、やはりこのままの感じでいこう」とひとりボソボソ言っておりました。

ちなみにこの辻占ですが、捨てずに大事に財布に入れている二人です。

 

おまけ:鶴来別院

DSC04508

全く予定していなかったのですが、真宗大谷派の別院である鶴来別院がありましたので、そこにも参拝して、金剱宮へ向かいました。鶴来別院は宗祖親鸞聖人が明らかにされた本願念仏のみ教えを聞法する道場とのことで、このときは人っ子ひとりいなかったのですが、年中行事の際には人で賑わうそうです。

 

最後に

この段階で「恋のしらやまさんきっぷ」は北陸鉄道の切符を残して全て使い切りました。和菓子を食べながら世間話をし、辻占で楽しく占いをしました。金運アップの神社・金剱宮に辿り着くまでにも楽しむスポットがあり、お散歩デートには最適ではないでしょうか。

聞いてみれば、私たちのように夫婦で来る人、カップルで来る人、友達と来る人、お一人で来る人と、それぞれのようです。ぜひ訪れた際には鶴来の町へ足を運んで、その雰囲気を堪能してくださいね。

金剱宮は別途ご紹介しますので気になる方はお楽しみにしていてください。それでは良き旅を。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で恋愛語ルシス@公式をフォローしよう!

この記事の著者

Kingsman自信と幸せを与える【恋愛&ビジネス成就コンサルタント】

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る