【注意】秋から冬の汗、夏より重要なニオイ対策

LINEで送る
Pocket

woman-turned-off-by-man-smell

9月に入ると、涼しくなり、夏の終わりを感じさせます。これから秋になり、どんどん寒くなってくるのか…と憂鬱になりがちですが、一番気になるのは〈臭い(ニオイ)〉です。

意外と誤解されがちな秋~冬にかけての臭いの真実と、その対策について今回はお話ししていきます。臭くないから好かれるという都合のいい話はないでしょうが、少なくとも臭いから好かれることはないので、この記事を読まれて、しっかり臭い対策はしていきましょう。

 

気の緩みが臭いを強くする

臭い対策のイメージと言えば、「夏」。でも、実は意外と夏よりも冬の方が臭いがこもりがちです。夏は汗をたくさんかいたりデオドラント商品がたくさん出たりするので、臭いについて敏感になっていきます。

一方で、冬は汗をたくさんかくことも少なく、臭いを気にする方がグンっと減ってしまいます。また、臭いは常に自分自身に付きまとうもので、自分自身では気が付きにくいという点があります。そして、年齢を重ねれば加齢臭も気になってきます。

試しに評判が良いと噂の匂い付き制汗剤などを使用してみても、自分自身のニオイと混ざってかえって人から遠ざけられたり…、なんてことも少なくありません。

 

体臭の原因は雑菌の繁殖

そもそも体臭とはどのように出るのかですが、はっきりとは原因解明されてはいません。とは言え、大部分が生活習慣だったり汗であったりします。

元々、汗そのものに臭いはありませんが、汗が肌の上で皮脂と混ざり合うと空気によって酸化したり、雑菌が繁殖したりするために、嫌な臭いが発生してしまうのです。

 

身体の洗いすぎは禁物

この原因を取り除くには頭皮や身体にある汗を拭きとったり洗い流すことが大切なのですが、「洗いすぎ」にも問題があります。

皮膚の表面には表皮ブドウ球菌という常在菌が存在しますが、雑菌が繁殖するのを防いだり、皮膚免疫となって身体をバリアする働きがあります。

この菌はお風呂やシャワーで70%程流され、石鹸などでゴシゴシと洗うと90%以上いなくなります。すると、黄色ブドウ球菌や真菌といった悪臭のもととなる菌が繁殖しやすくなり、体臭を招いてしまうのです。

ただし皮脂が活発に分泌される頭皮や気になる部分は石鹸などで洗わなければ反対にニオイを発生させる原因にもなってしまいます。

 

生活習慣も臭いの原因

汗をかくという外面的な要因だけではなく、内面的な部分も体臭の原因になります。例えば、不摂生な生活や煙草、お酒などが要因となって臭いを発生することもあります。

 

結論:サプリメントで一気に解決!

「洗わないと臭くなる」「洗いすぎても臭くなる」「生活に気を付けないと臭くなる」。こんなことを言われて正常な意識でいられるでしょうか?

面倒くさがりの私には無理です。しかしながら、現代は科学が進歩しており、サプリメントで手軽に体臭や口臭の対策ができます。

いくつかそういったサプリメントがありますが、私のオススメは「臭ピタッ!」です。低価格で個人差はあるものの比較的早く効果が出るというのが理由です。

p5150252
(一日一粒飲むだけで、驚きの効果が!)

今のところ、私の体臭や口臭に問題はないと、奥さんが言っておられたので利用はしておりませんが、私のお父さんにプレゼントしたところ、むしろお母さんから喜びの電話がありました。洗濯が快適にしやすくなったとのことです。

やはり体臭や加齢臭は衣類に付着しやすく、しつこい場合には洗濯しても中々落ちてくれません。こういった衣類の洗いやすさにも影響してくるわけですから、対策しておくに越したことはありません。

 

最後に

臭いってやはり大事です。「くさいのに気づかず」も良くないは良くないのですが、「自分でくさいのが気になっていて」という場合には、自信にも影響してきます。おどおどした振る舞いに女性はときめきませんからね。

相手への思いやりは当然のこと、自分自身のが自信を持って振る舞うきっかけになる、この〈臭い対策〉。周りが気にしていない今だからこそ、一歩リードして男を磨いてみませんか?クリスマスも待っていることですしね。

それでは嬉しいご報告をお待ちしています。

 

今回ご紹介した「臭ピタッ!」については、上の画像をクリックして、公式サイトより詳細な内容を確認されてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る