恋愛にハゲは大敵!?薄毛を知らせる5つのサインと対処法

LINEで送る
Pocket

o-BALD-facebook

「ハゲ」という言葉を聞いて、ドキッとする人もいればそうでない人もいるでしょう。誰しも年齢と共に髪が薄くなっていくのは仕方がないことかもしれません。でも、その時期が遅いに越したことはありません。

髪はいきなりまとめて抜けるのではなく、事前にサインを出してくれています。ちょっとした手入れや心がけでその時期を遅らせることが出来るなら、気にしている人なら知りたいに決まっているでしょう。かく言う私もその一人で、自分が体験したその兆候とどういった対処法をしたら、進行を食い止められたかをここではご紹介させていただきます。

もしアナタが悩まれているのであればぜひ参考にされて実践してみてください。

 

見逃し厳禁!薄毛のサイン

髪の毛が薄くなっていくのにも予兆があります。そのサインを見逃さず、適切な対応を行なえば、その進行を食い止めることができます。

サイン1.大量のフケ
「フケ」と聞くと汚いイメージを持ってしまいますが、その正体は頭皮が角質化したもので、新陳代謝により必ず発生します。このため、程度の差はあれ、フケを無くすことは実質不可能です。ただし、あまりにフケが大量の場合は頭皮の炎症による抜け毛につながるため注意が必要です。

サイン2.ベトベトの頭皮
頭皮がベトつくのは、皮脂の分泌が多いためです。皮脂の分泌が多過ぎると毛穴をふさいでしまい、新しい髪の成長をジャマしてしまいます。頭皮がベトついてないか、チェックしてみて下さい。油取り紙を使ってみるのがいいでしょう。

サイン3.ブラシやクシの通りが悪い
タンパク質が損なわれていると髪のパサつき、ごわつきの原因となります。また、毛根から 養がちゃんと行き渡っていないことも考えられます。髪の健康状態が悪くなっているため、放置は禁物です。

サイン4.頭皮が固い
頭皮を押した時に固く感じる、指の腹で動かしてみても固くてあまり動かない、といった場合は血行が悪くなっている可能性があります。血行が悪くなっているということは髪に必要な 養が運ばれないということなので、抜け毛の原因となってしまいます。

サイン5.頭皮の色の変色
正常な頭皮というのは、白色をしています。これが黄色だったり赤い場合、炎症を起こしているかもしれません。当然、放置は禁物です。

以上が薄毛のサインですが、もし該当する場合は、慌てず以下の対処法を実践してください。

 

薄毛を食い止める5つの対処法

薄毛のサインに気づいたら、しっかり適切な対応をしてあげましょう。この状態はいわば「病気のなりかけ」です。そこで対処をすれば病気同様、大事には至りません。この薄毛、抜け毛を髪の毛の病気、頭皮の病気と考えて、次の対処法を試みてください。

対処法1.シャンプーを見直す
乾燥したフケが多い場合、シャンプーの洗浄力が強すぎる可能性があります。逆に、洗浄力が弱すぎるため、フケに脂が多かったり頭皮がベトついているのかもしれません。自分に合ったシャンプーを使っているか、見直してみて下さい。

対処法2.食事内容を見直す
頭皮のベトつきが気になるようであれば、油ものはなるべく控えましょう。毛穴のつまりの原因になってしまいます。 そして、以下のように髪にいいものを中心に摂るようにします。

  • 毛のもとになるタンパク質:大豆類、魚類、鳥肉
  • 髪を作る亜鉛や銅:ワカメ、レバー、牡蠣
  • ビタミン類で新陳代謝を正常にする:野菜類、果物類

対処法3.ヘアカラー類を控える
髪のパサつきが気になる場合、パサつきを抑えるため髪を染めたりすることは控えましょう。ブリーチやヘアカラーは特に髪へのダメージも大きいです。

対処法4.血行を良くする
頭皮が固くなっている場合、マッサージやストレッチ、ツボ押しで血行を良くしましょう。 肩がこっている場合もマッサージを行った方がいいと思います。

対処法5.病院へ行く
頭皮が炎症している場合は、早めに病院で治療しましょう。自分で間違った対処法を行い、さらに症状を悪化させる可能性もありますので、心配な方はまずは医師に相談してみましょう。

 

最後に

タイトルに「恋愛にハゲは大敵!?」というフレーズを入れましたが、別に大敵ではありません。ハゲが似合う俳優さんはよくみかけます。ですので、極論を言えば、ハゲは本人が気にするか気にしないかの問題でしかないと考えます。

しかしながら、アナタがもし気にされるのでしたら、何としても対処すべきです。薄毛が進行すれば、きっとモチベーションが下がり、人前に出たくなくなるでしょう。見た目や髪の問題で恋愛に億劫になるのが一番いけません。

そうならないためにも、今回お話したことを確認して実行してください。後で後悔しないためにも、薄毛のサインに気付いたら今のうちから実践されることを強くお勧めします。

それではアナタからの嬉しいご報告をお待ちしています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る